タイトル等
[歿後10年]
髙橋節郎:宇宙(そら)の彼方へ
会場
豊田市美術館
髙橋節郎館
会期
2017-10-14~2017-12-24
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時30分
(入場は午後5時まで)
観覧料
一般300円[250円] /高校・大学生200円[150円] /中学生以下無料
[ ]内は20名以上の団体料金、障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生及び豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明].、その他、観覧料の減免対象者及び割引等についてはホームページをご確認いただくか、豊田市美術館へお問い合わせください。
主催者
豊田市美術館
協賛・協力等
協力: (公財)高橋記念美術文化振興財団
概要
髙橋節郎(1914-2007)は戦前の鮮やかな色漆にはじまり、戦後のさまざまな実験的な試みを経て、1970年代には漆黒と鎗金が織りなす独自の作品世界を築き上げました。私たちは作家の青年期や壮年期の作品には変転や達成を期待する一方、晩年の作品に対しては変化よりも安定感を暗黙の裡に意識しがちです。しかし髙橋は晩年においてもなお、新たな表現に挑みながら作品を発表し続けました。
歿後10年を迎える節目にあたり、本展では宇宙三部作ともいうべき《星空円舞》《満天星花》《星空交響詩》ほか、髙橋が75歳以降に制作した代表作を中心に、一部円熟期の作品も併せた50点余を展観します。惜しまれつつ天へ還った髙橋の雄大な作品世界と自由な精神をあらためてご堪能ください。
イベント情報
◎記念コンサート
「歿後10年 髙橋節郎展記念コンサート」(仮)
演奏:梯 剛之(ピアノ)
日時:11月11日[土]
開演:午後2時より(開場:午後1時30分)
定員:150人(当日正午から整理券を配布します)

◎学芸員によるギャラリートーク
11月18日[土]、12月2日[土]、12月16日[土]
午後3時より
*髙橋節郎館エントランスにお集まりください。
参加には当日の観覧券が必要です。
ホームページ
http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/takahashisetsuro.html
会場住所
〒471-0034
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
交通案内
【名古屋駅より】
地下鉄東山線 伏見駅乗り換え、地下鉄鶴舞線 豊田市行き 終点下車

【最寄り駅より】
名鉄 豊田市駅 または 愛知環状鉄道 新豊田駅より 徒歩15分

【お車をご利用の場合】
東名高速道路 豊田市ICより 約15分
東海環状自動車道 松平ICより 約15分 豊田東ICより 約20分
ホームページ
http://www.museum.toyota.aichi.jp/
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索