タイトル等
現代アート、はじめます。
草間彌生 から さわひらき まで
会場
尾道市立美術館
会期
2017-09-16~2017-10-22
休催日
月曜日(祝日は開館)
開催時間
午前9時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
大人/800円、高大生/550円
※中学生以下無料、ちゅービーくらふ会員・団体(20名以上)は各100円引き
【前売りは各200円引※前売り券販売所 中国新聞販売所(取り寄せ) 、中国新聞備後本社、啓文社各店、JR尾道駅前観光案内所、生協ひろしま】
※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料
主催者
主催=尾道市立美術館、中国新聞備後本社
協賛・協力等
後援=広島県、尾道エフエム放送、ちゅビCOMおのみち、エフエムふくやま
特別協力= 高橋龍太郎、高橋コレクション、医療法人こころの会/田ロ弘/タグチ・アートコレクション、(株)エムアウト/桶田俊二、桶田聖子/桶田コレクション/TGA中尾コレクション
企画協力= (同)アート・マネジメント・しまなみ
監修=児島やよい(十和田市現代美術館副館長)
協賛企画 海と山のアート回廊
概要
日本の現代アートを本格的に紹介する第1弾として、「現代アート、はじめます。―草間彌生 から さわひらき まで」展を開催します。本展は、国内の現代アートコレクターを代表する高橋龍太郎氏、田口弘氏、桶田夫妻の膨大なコレクションから、世界で最も尊敬を集め、日本を代表する芸術家である草間彌生の作品をはじめ、厳選された絵画・彫刻・映像作品を約40点ご紹介します。日本の現代アーティストの力溢れる作品を、分かりやすく楽しんでいただける構成で展示し、とかく難解と思われがちな現代アートを、身近に感じ、元気を与えてくれる存在だと感じるきっかけとなることを目指します。
出展作品作家(50音順)
会田誠 荒木経惟 岩崎貴宏 大竹伸朗 小沢剛 オノ・ヨーコ 草間彌生 鴻池朋子 さわひらき 杉本博司 田名網敬一 照屋勇賢 天明屋尚 奈良美智 蜷川実花 畠山直哉 舟越桂 村上隆 森山大道 山口晃
イベント情報
会期中イベント
1.特別講演会
開催記念トーク
岩崎貴宏(出品作家) ×児島やよい(本展監修者、十和田市現代美術館副館長)
日時:平成29年9月17日(日)午後1時30分~(90分程度)
場所::尾道市立美術館 2Fロビー
2.ギャラリ-・トーク
日時:10月1日(日)、10月15日(日)、22日(日)午後2時~(40分程度)
対象:一般。参加無料、申込み不要。展覧会観覧料が必要です。
3.わいわいがやがやおしゃべり鑑賞会
日時:9月24日(日)、10月8日(日)両日とも午後2時~午後3時まで
対象:中学生以下。参加無料、申込み不要。付添いの方1名は無料で入館。
内容:こどもたちを対象にした鑑賞会です。鑑賞資料をもとに、楽しくおしゃべりしながら作品鑑賞します。
ホームページ
http://www7.city.onomichi.hiroshima.jp/?page_id=48
会場住所
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
交通案内
電車で-------
JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(①番のりば)で「長江口」下車、千光寺山ロープウェイで「千光寺公園」へ。 (ロープウェイのりばで、「往復乗車券+観覧券」のお得なセット販売をご利用ください。) なお、美術館最寄りの「千光寺公園」行きバスは便数が少ないのでご注意ください。

車で-------
お車の方は、千光寺山ドライブウェイ経由で「千光寺公園駐車場(有料)」をご利用くださいましたら、入館時に駐車券提示により1名に限り 割引します。
◎山陽自動車道 尾道ICより 約20分
◎山陽自動車道 福山西ICより 約15分
◎JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分。
ホームページ
http://www7.city.onomichi.hiroshima.jp/
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索