タイトル等
OKADA-ROOM vol.9
画家のまなざし
会場
佐賀県立美術館
美術館1階 OKADA-ROOM
会期
2017-06-17~2017-11-05
休催日
※毎週月曜日の休館日は休室
ただし、7月17日(月曜日・祝日)は開館、翌18日(火曜日)は休館。
9月8日(金曜日)から9月15日(金曜日)は休館。
9月18日(月曜日・祝日)は開館。
10月9日(月曜日・祝日)は開館、翌10日(火曜日)は休館。
観覧料
無料
概要
平成29年6月17日から始まるOKADA-ROOMの新たな展示では、画家のまなざし―見つめる目をテーマに、岡田三郎助と日本近代洋画の大家たちの名作をご紹介します。
画家は様々なものを見つめ、様々な見方と技術で作品を描きます。そしてそこには、常に画家自身の思い―理想あるいは夢、そして言葉にならない心情など―が垣間見えます。絵の美しさに見惚れつつ、画家は何を見つめ、何を想ったのか――そんな画家の胸の内に思いをはせてみるのも、絵画を見る大きな楽しみといえるでしょう。
日本の洋画の先駆者である百武兼行をはじめ、その志を受け継ぐように、日本に洋画を根付かせた黒田清輝、久米桂一郎、藤島武二、そして岡田三郎助。さらに、描くことを楽しみ、美への限りない憧れを抱きつつ、志半ばで世を去った青木繁等、個性豊かな画家の名品をご紹介します。
ホームページ
http://saga-museum.jp/museum/exhibition/limited/2017/06/001574.html
会場住所
〒840-0041
佐賀県佐賀市城内1-15-23
交通案内
JR佐賀駅から
■ 佐賀市営バス 約15分
「佐賀駅バスセンター」~以下のバス停まで、バスをご利用ください。

1. 「博物館前」 (バス停下車後、徒歩すぐ)
『(準急) 佐賀空港』(1番のりば) または 『【24】平松循環』・『【25】広江・和崎』(3番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

2. 「サガテレビ前」 (バス停下車後、徒歩約2分)
『【6】佐賀城跡』(3番のりば) または『【26】長瀬町・平松循環』(4番のりば) 乗車
※1時間に2本程度運行

3. 「県庁前」 (バス停下車後、徒歩約10分)
『【2】【20】【21】【23】【28】【29】』(3番のりば)、『【3】【4】【18】【27】』(4番のりば) 乗車
※2~3分に1本運行

■ 自動車・タクシー 約11分
南口正面の通りを南に直進2.2km

■ 徒歩 約30分

長崎自動車道 佐賀大和ICから
■ 自動車 約25分
佐賀大和ICを佐賀市街方面へ (263号線)
→「佐賀大和IC南」交差点を道なりに右へ (263号線)
→「機動隊前」交差点のY字路を右へ
→「多布施一丁目」交差点を道なりに右へ
→「与賀町」交差点を左折 (264号線)
→「郵便局前」交差点を右折
→「栄城橋」交差点を右折。左手、佐賀城公園奥に駐車場有。

九州佐賀国際空港から
■ 自動車・タクシー 約21分
「空港西口」交差点を佐賀・鹿島方面へ (県道49号線)
→「赤松小学校前」交差点直進、左手に駐車場有。

■ 佐賀市営バス 約30分
「佐賀空港」にて『(準急) 佐賀駅バスセンター』に乗車
→「博物館前」下車
→徒歩1分
ホームページ
http://saga-museum.jp/museum/
佐賀県佐賀市城内1-15-23
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索