タイトル等
芦屋の農業
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2003-02-15~2003-03-30
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 300(240)円
大高生 200(160)円
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
芦屋市立美術博物館
概要
戦前より耕地整理・区画整理が実施されていた芦屋市では、住宅都市における農地改革という特殊な一面がありました。それは、農民の自作農的発展を育てようとする立場の農地改革法と、計画的都市発展を助成しようとする都市計画法との対立として捉えられていました。
このような改革の中、農業に関連する機械の進捗をはじめとする近代農法の発展によって、肉体を酷使して天災などの被害に弱い従前の生産方法から脱却した機械化農業によってその生産量を飛躍的に伸ばすことになりました。
しかし、こうした農業の機械化は、それに従事する農民の労苦を軽減した反面、先人の農民たちが工夫をこらして製作した農機具を農家から消し去っていきました。
今回の展示では、2001年3月に市内岩園町在住の古塚豊一氏から、当館に寄贈を受けた農具50点を初公開し、芦屋の農村風景の復元とともに先人の知恵と工夫を理解したく思います。
ホームページ
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/
展覧会問合せ先
tel 0797-38-5432
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索