タイトル等
企画展
鏑木清方 幻想と文学
―明治・大正の文学者とのかかわり―
会場
鏑木清方記念美術館
会期
2018-01-19~2018-02-25
休催日
毎週月曜日(2月12日(月・祝)は開館)、2月13日(火)
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般:200円(140円)、 小・中学生:100円(70円)
※( )内は20人以上の団体料金です。
主催者
公益財団法人 鎌倉市芸術文化振興財団(鎌倉市鏑木清方記念美術館指定管理者)
概要
鏑木清方の芸術の豊かさの一つに、日本の近代文学との深いつながりがあります。
清方は、少年の頃から文芸雑誌を愛読し、特に樋口一葉、泉鏡花の小説に魅了されました。挿絵画家を志す若者にとり、憧れの小説家の挿絵を手がけることは大きな目標となりました。夭折した一葉との対面は果たせませんでしたが、後に鏡花と深い交友をもち、鏡花の師尾崎紅葉の知遇も得ました。そして、こうした文学者たちとの交流により挿絵画家として成長していきました。
日本画壇で活躍するようになってからも、度々文学に取材した作品を描き、さらに小説の人物の魅力を美人画の人物表現に生かすなどし、晩年まで、創作の源泉として文学への親しみを持ち続けました。
本展覧会では、清方の画業における近代文学との関わりを浮き彫りにし、文学に関連する作品を中心に美人画もあわせてご紹介いたします。
イベント情報
展示解説 1月27日、2月10日・24日の土曜日 午後1時30分から

鎌倉文化ゾーン 小町通り・八幡宮エリア
ミュージアムめぐりスタンプラリー
3館以上のスタンプを集めると素敵な景品をプレゼント!
平成30年3月31日(土)まで。
台紙は各館や鎌倉駅観光案内所にあります。景品はなくなり次第終了。
■スタンプ設置場所
鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、神奈川県立近代美術館 鎌倉別館、鎌倉国宝館
ホームページ
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/exhibition/h29_kikaku_4.html
会場住所
〒248-0005
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
交通案内
JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折。
※駐車場・駐輪場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。
ホームページ
http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索