タイトル等
青森公立大学 国際芸術センター青森 アーティスト・イン・レジデンス2017/夏
船井美沙
楽園/境界 いつかいた場所
会場
青森公立大学 国際芸術センター青森
ギャラリーA
会期
2017-07-25~2017-09-10
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00
観覧料
無料
主催者
国際芸術センター青森
協賛・協力等
助成 平成29年度文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
協力 AIRS、ターナー色彩株式会社
概要
船井美佐は一貫して絵画表現を探究しています。近年では壁面に鏡を配置して地と図、虚と実などが反転するような作品や、展示空間全体をキャンバスに見立て、鑑賞者が作品の中に入り込むように体験する遊具型の作品など、絵画をベースとしながら新たな表現を開拓してきました。
本展では、2007年に国際芸術センター青森[ACAC]のアーティスト・イン・レジデンス・プログラム「裏糸」に参加した船井が、その後の10年で展開してきた作品を振り返り展示します。船井が描く楽園は、こちらとあちら、現実と非現実、平面と立体、自然と人工、内と外などの境界として立ち現れます。実体験を通して空想の世界で遊ぶような、作品世界に浸る楽しさを、子どもも大人もそれぞれのやり方で感じられることでしょう。
イベント情報
〈ワークショップ〉
詳細はACACウェブサイトをご覧の上、お申し込みください。

いろのらくえん―丸と穴
大きなキャンバスにみんなで絵を描こう!2次元と3次元を行き来する体験あそび。
日時 7月29日(土) 10:30-12:00 7月30日(日) 13:30-15:00
講師 船井美佐 会場 野外ステージ
対象 3歳以上の子供と保護者の方 定員 親子50名
参加費 無料 申込締切 7月25日(火)

いろのらくえん--モビールづくり
展示作品と同じ形の小さな木片に色を塗って糸でつなぎ、カラフルなモビールを作ります。
日時9月9日(土) 13:30-16:30
講師 船井美佐 会場 創作棟ワークショップスタジオ
対象 3歳~成人(未就学児は保護者同伴)
定員 20組 材料費 1セット2,000円
申込締切 8月31日(木)

森のスタンプラリー
船井美佐デザインのスタンプでACAC敷地内の野外彫刻をめぐります。
※会期中常時開催。先着順でステッカーのプレゼント。

〈トーク〉
オープニング・アーティストトーク
スピーカー 船井美佐、アルバーノ・アフォンソ
日時 7月29日(土) 14:30-15:30
会場 ラウンジ、ギャラリーA・B

公開トークセッション
美術と社会―あなた/わたし/こども/おとな
美術と社会の関わりについて考察し実践する船井美佐。社会の中で美術はどのような存在なのか?作品と子供の関係性から、美術館での新しい展覧会のあり方や教育普及への取り組みなど、現代の問題点と可能性について、東京都現代美術館で乳幼児向けの展覧会「ワンダフルワールド」を企画した山本雅美さんをゲストに招き、本展担当学芸員とともに、それぞれの活動から話します。
スピーカー 船井美佐×山本雅美(船橋市教育委員会学芸員、元東京都現代美術館学芸員)×金子由紀子(国際芸術センター青森学芸員、本展企画担当)
日時 9月10日(日) 13:30-15:30 会場 展示棟ラウンジ
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/air/2017-3/
会場住所
〒030-0134
青森県青森市合子沢字山崎152-6
交通案内
「国際芸術センター青森」にバスでおいでになる場合は、JRバスまたは青森市営バスの「青森公立大学」または「モヤヒルズ」行をご利用ください。
運賃は、青森市中心部から大体500円前後です。

○ JR青森駅から JRバス または 青森市営バスにて 約40分
「モヤヒルズ、青森公立大学行」乗車 「青森公立大学」下車

○ 東北自動車道 青森中央I.Cから 約5km

○ 青森空港から タクシーで約20分
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/
青森県青森市合子沢字山崎152-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索