タイトル等
夏(なつ)のワークショップ・プロジェクト2017
この音(おと)がずっと響(ひび)きますように 西原尚(にしはらなお)
会場
広島市現代美術館
地下1階ミュージアムスタジオ
会期
2017-08-11~2017-09-24
休催日
月曜日。ただし、9.18(月・祝)は開館、9.19(火)は休館
開催時間
10:00~17:00
観覧料
入場無料
概要
この夏(なつ)、現代美術館(げんだいびじゅつかん)では、音(おと)をテーマにした作品(さくひん)の展覧会(てんらんかい)と関連(かんれん)ワークショップをおこないます。作家(さっか)の西原尚(にしはらなお)は、これまでに音をつかった美術(びじゅつ)作品の制作(せいさく)やパフォーマンスをおこなってきました。展覧会では、作品を見(み)るだけでなく、実際(じっさい)に音をならしてみたり、人(ひと)が作品をつかって音をかなでるようすを眺(なが)めたりできます。身近(みぢか)なものから生(う)まれる思(おも)いがけない音や、普段(ふだん)からどこかで聞(き)いたことのあるような音、そんな音に注意(ちゅうい)を向(む)け、楽(たの)しんでみましょう。
イベント情報
○西原尚によるパフォーマンス
日時:8.19(土)、8.26(土) いずれも15:30~
事前申込不要

①ワークショップ「楽器をつくる、音をつくる」
スーパーボールやパイプなど、身近な材料で楽器を作り、それをつかって演奏体験をします。
日時: 8.19(土)、8.26(土) いずれも13:00~15:00
講師:西原尚/対象:小学生以上
定員:各回20名程度
要事前申込

②連続ワークショップ「音にもどって」
作家、西原尚とともに、音について考え、自分の声や道具をつかって音を出すことの練習をおこないます。ワークショップの最終日は公演に挑戦します。
音頭取り:西原尚
日時:8.20 (日)/ 8.27(日)/ 9.9(土)/ 9.10(日)
各日13:00~16:00
リハーサル:9.9(土) 15:00~
公演本番:9.10(日) 15:00~
対象:おもに小学5年生以上(大人も歓迎)。4日間すべての日程に参加できる方が優先となります。
定員:10名程度
要事前申込

ワークショップの申し込み方法
当館ウェブサイト上の応募フォーム、または往復はがきにてご応募ください。往復はがきには、参加したいワークショップの番号(①または②)、参加日(①の場合は参加希望日、②の場合は参加可能なすべての日)、参加希望者の氏名(1通につき2名まで)、年齢、住所、電話番号を明記してください。
往復はがき宛先:〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館
「ワークショップ」係/締め切り:8月1日(火)必着。締め切り後、1週間程度で結果をお知らせします。※いずれのワークショップも応募者多数の場合は抽選となります。
ホームページ
https://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/summer_ws_2017/
会場住所
〒732-0815
広島県広島市南区比治山公園1-1
交通案内
◎広島駅から
[路面電車] 5番「広島港」行き ▶ 「比治山下」下車、約500m

[バス]
①広島バス (26-1番系統) 「旭町」行き
②広島バス (31番系統)「県病院」行き
③広電バス (5番系統) 「大学病院」行き
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約700m

[タクシー] 約10分

◎紙屋町から
[バス] 紙屋町(県庁前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎八丁堀から
[バス] 八丁堀 (ヤマダ電機前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎市内循環バス ひろしま めいぷる~ぷ
▶ 「現代美術館前」下車、約100m
ホームページ
http://www.hiroshima-moca.jp/
広島県広島市南区比治山公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索