タイトル等
国宝 鑑真和上展
唐招提寺金堂平成大修理記念
会場
愛媛県美術館
会期
2003-02-07~2003-03-23
休催日
月曜日
開催時間
9:40~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 1200(900)円
高齢者 1100(900)円
高大生 600円
小中生 400円
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
「国宝 鑑真和上展」実行委員会(愛媛県美術館/愛媛新聞社/あいテレビ)
概要
唐招提寺は、12年間、6度にも及ぶ多難な渡航を乗り越えて唐より来日した名僧、鑑真和上により、759年創建されました。創建当時の面影を残す主要な伽藍の中でも、金堂は、天平の金堂建築様式を唯一今に伝える貴重な遺構として知られています。唐招提寺は1998年に世界文化遺産として登録されました。本展は、唐招提寺金堂平成大修理を記念し、8世紀に制作された日本最古の肖像彫刻であり、唐招提寺の精神的象徴として1200年以上にわたり大切に伝えられてきた国宝・鑑真和上坐像を中心に、唐招提寺の歴史的な意味と当時の唐(中国)の円熟した芸術を背景に華ひらいた天平時代の仏教美術の至宝を紹介するもので、国宝5件、重要文化財34件を含む、約120点を一堂に公開いたします。
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
展覧会問合せ先
TEL:089-932-0010
会場住所
〒790-0007
愛媛県松山市堀之内
交通案内
・JR松山駅前より道後温泉または市駅前行き市内電車で5分
「南堀端 愛媛県美術館前」下車 徒歩1分
・松山観光港より、リムジンバスで30分。「市駅」下車 徒歩5分
・松山空港より車で約15分
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
愛媛県松山市堀之内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索