タイトル等
イラストレーターと考える暮らしのたのしみ
杉浦さやか・井上ミノル展
会場
姫路市立美術館
企画展示室
会期
2017-07-15~2017-09-10
休催日
月曜日、7月18日(ただし、7月17日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般 600(400)円、 大学・高校生 400(300)円、中学・小学生 100(50)円
※( )内は20人以上の団体料金
※同展入場券で常設展示室もご覧いただけます。
※療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名については、手帳を提示いただくことにより、常設展は免除、企画展は半額で観覧いただけます

前売券取り扱い場所(7月14日まで)
姫路市立美術館友の会、キャスパホール、神姫観光姫路旅行センター、ヤマトヤシキ友の会、中井三省堂、加古川総合文化センター、兵庫県立美術館
主催者
姫路市立美術館
協賛・協力等
■特別協力/白泉社
■協力/祥伝社、創元社
■後援/朝日新聞姫路支局、FMゲンキ、神戸新聞社、産経新聞姫路支局、サンテレビジョン、播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、毎日新聞姫路支局、読売新聞姫路支局、ラジオ関西
概要
イラストレーター、そしてイラストエッセイストとして活躍の杉浦さやかと井上ミノルの世界を大規模に紹介する展覧会。出品作品は、初期の原画から、本展のための描き下ろしまで、600点以上です。会場には、ふたりの作家がクリエイティブな視点から編み出した"暮らしを楽しむためのヒント"があふれています。日々の暮らしの中に意外なおもしろさや、愛着を見いだすことができれば、小さなしあわせがたくさん見つかることでしょう。想像力・創造力を味方につければ、暮らしに新しい豊かさが生まれることでしょう。
作家ごとに大きく会場を2つに区切り、杉浦さやか作品エリアのタイトルを「みちくさびより」、井上ミノルエリアのタイトルを「古今東西みてある記」として2つの個性あふれる世界を紹介します。さらに小学生以下の子どもも参加できる創作コーナーや絵本コーナーも設置するほか、会期中には作家と触れ合えるイベントを多数行います。小さな子どもと暮らす母親でもある杉浦さやかと井上ミノル。ふたりのプロデュースによるそれぞれの空間をお楽しみください。
イベント情報
●参加費は無料ですが、イベントにより観覧料や材料費(実費)がかかります。●ワークショップには動きやすく汚れてもよい服装でご参加ください。●作家が講師を務めるイベントの後には、イベント参加者を対象にサイン会を行います。●詳細は当館ホームページをご覧ください。

トークイベント「暮らしのたのしみ」
7月15日(土)11:00-11:50/2階講堂にて/100人/要整理券(10:30より1階ロビーで配布)/観覧券(半券・友の会会員証可)の提示必要/杉浦さやか、井上ミノル、担当学芸員による3者トーク。作家それぞれの日々の暮らしの様子がわかるエピソードや展覧会のみどころを、スライドも交えてお話しします。

子どもギャラリーツアー「あんな楽しみこんな楽しみ」
7月23日(日)①10:10~10:50 ②11:00~11:40/2階講堂・展示室にて/各回20人(小学生。きょうだい、保護者可)/要整理券(①は10:00より、②は10:50より1階ロビーで配布)/要観覧券(友の会会員証可)/学芸員と一緒に展覧会を楽しむ体験・対話型ツアー

杉浦さやかワークショップ『おさんぽバッグをつくろう」
7月15日(土)①14:00~ ②14:30~ ③15:00~ ④15:30~ ⑤16:00~および8月5日(土)、6日(日)両日とも①10:30~ ②11:00~ ③11:30~ ④12:00~ ⑤12:30~/展覧会場(杉浦さやか作品エリアにて/各回12人(小学校4年生以下は要付添)/要整理券(7月15日は13:30より8月5日・6日は10:00よリ1階ロビーで当日全5回分配布)/要材料費(実費200円)/20分間/杉浦さやかオリジナルのステンシル版を使って、自分だけのおさんぽバッグをつくります。

杉浦さやかワークショップ「さんぽ日記をつくろう」
8月5日(土)、26日(土)両日とも14:00~16:00/館内・前庭にて/15人(中学生以上)/要申込(当館ホームページ内受付フォーム・多数の場合抽選)/観覧券(半券・友の会会員証可)の提示必要/杉浦さやかによる“さんぽ日記のつくりかた”のレクチャーのあと、美術館の庭などを自由に散策・取材して、イラストとエッセイによる自分だけのさんぽ日記をつくります。

杉浦さやか×甲斐みのり「みちくさトーク」
8月6日(日)14:00~15:00/美術館2階講堂にて/100人/要整理券(13:30より1階ロビーで配布)/観覧券(半券・友の会会員証可)の提示必要/文筆家の甲斐みのり氏を招き、姫路や関西のさんぽ、ともに歩いた旅について語っていただきます。

井上ミノル「つれづれトーク」
7月22日(土)、8月19日(土)両日とも11:00~展覧会場(井上ミノル作品エリア)にて/50人/作者自身が、歴史を楽しく学ぶヒントなどについて語ります。直接会場に集合ください。

井上ミノルワークショップ「イラスト世界の姫路を歩こう!」
7月22日(土)14:00~16:00/2階講堂・前庭にて/1人以上6人までのグループ12組/要申込(当館ホームページ内受付フォーム・多数の場合抽選)/観覧券(半券,友の会会員証可)の提示必要/井上ミノルが描いた姫路の町並みイラストに、参加者の写真をコラージュ。参加者は、いろいろなポーズで被写体になり、撮影された写真は、井上ミノル作品の素材として使用され、後日館内で展示されます。参加者自身の写真や映像が公開されますので、それを希望される方のみお申込みください。

井上ミノルワークショップ「僕・私の町のイラストマップを描こう
8月19日(土)14:00~16:00/館内,前庭にて/30人(小学校4年生以上)/要申込(当館ホームページ内受付フォーム・多数の場合抽選)/観覧券(半券・友の会会員証可)の提示必要/要材料費(実費100円程度)/井上ミノルによる“イラストマップの描き方のレクチャーのあと、地図や資料を活用して、オリジナルのイラストマップを描きます。夏休みの自由研究にも。
ホームページ
https://www.city.himeji.lg.jp/art/kikaku.html
会場住所
〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
交通案内
JR・山陽電車 姫路駅より、神姫バス ⑦または⑧乗り場から [3] [4] [5] [61] [62] [64] [81] [82] [84] [86] 乗車約8分、「姫山公園南・医療センター・美術館前」下車すぐ。
姫路駅より 徒歩約20分 (姫路城東隣)。
※美術館には駐車場がありませんので近隣の駐車場(有料)をご利用ください。
※上記路線バスのほか、姫路城ループバスも停車します (停留所は「美術館前」)
ホームページ
http://www.city.himeji.lg.jp/art/
兵庫県姫路市本町68-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索