タイトル等
ニューファンクション
サイバー・アジア・ワークショップ
会場
広島市現代美術館
会期
2003-02-18~2003-03-30
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00〈入館は16:30まで〉
観覧料
無料
主催者
広島市現代美術館
概要
exonemo(エキソニモ)は、千房けん輔と赤岩やえの2人によって結成されたネット・アート・ユニットです。彼らは1996年に実験的ウェブサイト[http://www.exonemo.com/]を立ち上げて活動を開始しました。主にインターネットを用いて制作される彼らの作品は、ウェブ上の発表にとどまらず、近年現実の空間を構成するインスタレーションとしても展開され、注目を集めています。
本展では、新作を含むインスタレーション4点を展示します。これらの多くは、来場者がキーボードやマウスを直接操作することによって変化し、その際生じる偶然性をも取り込んで成立する作品です。来場者を受け入れ(入力)、現実へと送り出す(出力)ワークショップ空間はexonemo仕様のニューファンクションが働く場であり、新しいアートの形を提案してくれるものとなるでしょう。
2月22日(土)午後2時からは「光の部屋を作ってみよう」と題し、アーティストトーク+制作ワークショップを開催します。exonemoがこれまでの活動や今回の展示作品について語った後、参加者とともに新作《rgb flicker》のための制作を行います。制作はexonemo自作のソフトを使うため、初心者でも簡単にできます。パソコンを使ったことがある人ならば、年齢に関係なく参加できます(事前申し込みは不要です)。
ホームページ
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/
展覧会問合せ先
電話082-264-1121
会場住所
〒732-0815
広島県広島市南区比治山公園1-1
交通案内
◎広島駅から
[路面電車] 5番「広島港」行き ▶ 「比治山下」下車、約500m

[バス]
①広島バス (26-1番系統) 「旭町」行き
②広島バス (31番系統)「県病院」行き
③広電バス (5番系統) 「大学病院」行き
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約700m

[タクシー] 約10分

◎紙屋町から
[バス] 紙屋町(県庁前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎八丁堀から
[バス] 八丁堀 (ヤマダ電機前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎市内循環バス ひろしま めいぷる~ぷ
▶ 「現代美術館前」下車、約100m
ホームページ
http://www.hiroshima-moca.jp/
広島県広島市南区比治山公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索