タイトル等
おかざき世界子ども美術博物館所蔵
世界の巨匠たちが子どもだった頃
巨匠は子どものとき、どんな絵を描いていた?
会場
小山市立車屋美術館
会期
2017-07-01~2017-09-03
休催日
毎週月曜日(7/17は開館)、第4金曜日
開催時間
9時~17時
(入館は16時30分まで)
観覧料
一般:400円(300円)、高校・大学生:250円(150円)
*中学生以下無料
*( )内は20名様以上の団体料金
*障がい者手帳をお持ちの方と付添1名無料
*おやまミュージアム割引 小山市立博物館の半券(平成29年4月以降の日付印があるもの。年度内、1回限り有効)で一般100円、高校大学生50円を割引
主催者
小山市立車屋美術館
協賛・協力等
[協力]おかざき世界子ども美術博物館
[後援]朝日新聞宇都宮総局、NHK宇都宮放送局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、テレビ小山放送、東京新聞宇都宮支局、株式会社とちぎテレビ、栃木放送、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局
概要
モネ、ピカソ、ムンク、岸田劉生、平山郁夫など20世紀美術の巨匠たちが描いた名作は、世代をこえて世界中の人々を魅了しています。そんな巨匠たちにも子どもだった頃がありました。子ども時代、彼らはいったい、どんな絵を描いていたのでしょう?
本展覧会では、1985年に子どものための本格的な美術博物館として開館した、おかざき世界子ども美術博物館(愛知県)が所蔵する世界の有名美術家たちが10代に描いた260点ものコレクションの中から、巨匠41人の作品53点を栃木県で初めてご紹介します。10代という純粋で感受性の強い時期の作品は、どれも対象を忠実に描こうという熱意とひたむきさにあふれていて、特に同じとしごろの子どもたちには親しみやすく、芸術の世界をぐっと身近に感じていただける作品ばかりです。
巨匠たちの10代の作品を集めた世界的にも珍しいコレクションを通して、あの巨匠の才能のきざしや、成長の過程をお楽しみください。
イベント情報
①ギャラリートーク
講師:村松 和明氏(おかざき世界子ども美術博物館副館長補佐)
日時:8月27日(日) 14:00~
場所:小山市立車屋美術館 企画展示室
申込不要(要観覧券)

②子どもギャラリー・ツアー
日時:7月23日(日)、8月6日(日) 13:00~
場所:小山市立車屋美術館 企画展示室
対象:小・中学生(大人の方も参加できます)
申込不要(要観覧券)
会場住所
〒329-0214
栃木県小山市乙女3-10-34
交通案内
電車
・JR宇都宮線 間々田駅西口より徒歩5分
(4号線に向かって直進、4号線沿いにある和田屋菓子舗の角を右折し、少し歩くと右側にあります。)

自動車
・東北自動車道 佐野藤岡ICより国道50号経由、国道4号東京方面へ 約26km
・小山駅より 国道4号東京方面へ 約8km
ホームページ
https://www.city.oyama.tochigi.jp/kyoikuiinkai/kurumayabizyutukan/
栃木県小山市乙女3-10-34
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索