タイトル等
デイヴィッド・ホックニー版画展
会場
いわき市立美術館
会期
2017-06-10~2017-07-17
休催日
月曜日(ただし7月17日は開館)
開催時間
9:30~17:00
7月の金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 700円(560円)/高・高専・大生 300円(240円)/小・中生 200円(160円)
*( )内は、20名以上の団体割引料金
*いわき市内在住の65歳以上の方、身体障がい者手帳などをお持ちの方は無料
*いわき市内の小・中・高・専修高等課程・高専生は、土曜日と日曜日のみ無料
主催者
いわき市立美術館
協賛・協力等
特別協力=東京都現代美術館
後援=ブリティッシュ・カウンシル
概要
デイヴィッド・ホックニーは、絵画、版画、写真、舞台美術など多岐にわたる分野で活躍する美術家です。1937年に英国ヨークシャー州ブラッドフォードで生まれた彼は、1962年にロンドン王位美術学校を首席で卒業し、「ポップ・アートの旗手」として華々しくデビューを飾りました。その後、アメリカのロサンゼルスに居を移し、明るい色彩にあふれた作品を次々と発表していきます。
ホックニーにとって版画は、10代の頃より継続的に手がけてきた重要なジャンルです。家族や友人、パートナーたちの姿、活動拠点のカルフォルニアや旅先の風景など日常の一コマをとらえた作品に加え、自伝的エピソードやピカソへのオマージュを表現したシリーズなど内省的でありながらウィットに富んだ作品も、数多く制作しました。さらに伝統的な技法にとどまることなく、ファクシミリやカラーコピー、コンピューターをもちいた斬新な手法を開拓していきます。彼の制作における華やかな展開は、「描くこと」への根源的な問いかけとひたむきな探求の成果であるといえるでしょう。
本展では、国内最大のホックニー版画コレクションを誇る東京都現代美術館の所蔵品を中心に、1960年代から近年までの約140点を紹介し、その卓越した技術と魅力に迫ります。
イベント情報
公開制作「リトグラフ」
日時=6月17日(土) 10:00~11:00
18日(日) 10:00~11:00
講師=小森琢己(版画家、武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師)
会場=実技講習室
参加費=無料(事前申し込み不要)
内容=リトグラフの制作過程を公開
17日/リトグラフの概要説明、描画
18日/製版から刷りまで
※公開制作は、実技講座の導入も兼ねる

実技講座「リトグラフ入門Ⅰ」
日時=6月17日(土) 10:00~16:00 Aコース
18日(日) 10:00~16:00 Bコース
※制作内容は両コース同じ
講師=小森琢己(版画家、武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師)
会場=実技講習室
定員=各コース8名
対象=中学生以上
参加費=1,000円 (材料代)
応募方法=6月1日(木)から電話かFaxで申し込み受付。先着順で定員になり次第締め切り。
内容=1版単色のオリジナルリトグラフを制作

講演会「ホックニーに学ぶアートの秘密」
日時=6月25日(日) 14:00~15:30
講師=齊藤泰嘉(元筑波大学教授・星のおじさま美術館建設準備室学芸員)
会場=セミナー室
定員=45名(当日先着順・事前申し込み不要)
参加費=無料

館長講座「バッカスとアポロンの対比を巡って」
日時=7月7日(金) 18:00~19:30
講師=佐々木吉晴(当館館長)
会場=セミナー室
定員=45名(当日先着順・事前申し込み不要)
参加費=無料

ギャラリートーク
日時=7月9日(日) 14:00~15:00
講師=当館学芸員
会場=展覧会会場
参加費=無料。ただし、企画展チケット半券が必要(事前申し込み不要)
ホームページ
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1490245236911/index.html
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索