タイトル等
追悼特別展
高倉健
おかえりなさい、健さん。 北の大地へ
会場
北海道立釧路芸術館
会期
2017-07-01~2017-09-03
休催日
毎週月曜日(7/17、8/14は開館)、7/18(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
夜間開館 7/28(金)、29(土)、8/11(金)、12(土)、18(金)、19(土)、25(金)、26(土)は午後7時まで。
観覧料
一般 1,000(800)円
高大生 600(400)円
※中学生以下は観覧無料。
※( )内は前売料金、親子料金、リピーター、10名以上の団体料金。
※釧路・根室管内在住の高校生は観覧無料
【釧路芸術館ボランティアの会SOA平成29年度招待事業】

◎前売り券販売所(6月30日(金)まで)
北海道立釧路芸術館、コーチャンフォー釧路店プレイガイド、MOOガイド、釧路市生涯学習センター、釧路市民文化会館、釧路市民活動センターわっと、エルム楽器釧路支店、釧路総合振興局売店、日専連釧路本店、日専連釧路文苑支店
主催者
北海道立釧路芸術館、毎日新聞社、北海道新聞釧路支社
協賛・協力等
|後援|釧路市、釧路市教育委員会、NHK釧路放送局、FMくしろ
|特別協力|高倉プロモーション
|協力|一般社団法人日本映画製作者速盟
|特別協賛|健康家族
|協賛|道立釧路芸術館ポポ&ももの会、釧路芸術館ボランティアの会SOA
概要
映画俳優、高倉健と北海道
「網走番外地」(1965年)、「八甲田山」( 77年)、「ブラック・レイン」( 89年)、遺作「あなたへ」(2012年)など数々の名作や話題作に出演し、日本を代表する俳優として活躍した高倉健(56年デビュー、14年11月10日逝去)。その生涯に出演した205本の映画のうち、30本以上が北海道で撮影を行った作品です。「幸福の黄色いハンカチ」( 77年)や「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)などの主演作では、北の地に生きる男の気概や人情を表現し、その比類無き存在感は、今もなお、多くの人々の心をとらえ続けています。

出演作205本すべてを、大迫力の画面で紹介
本展は、3回忌を機に、高倉健の映画俳優としての全仕事を回顧し、あらためてその業績を顕彰しようとするものです。
最大の見どころは、出演作205本のすべてから抜粋した高倉健出演場面の映像の紹介です。経年劣化により視聴困難なフィルムもデジタル補修を施すことにより、その一部をご覧いただくことが可能になりました。

脚本や小道具なども公開
高倉健が所蔵していた脚本や小道具スチール写真、ポスター、プレスシートなど、貴重な資料を一堂に展示します。昭和から平成へ、時代とともに歩んだ稀代の映画俳優が、戦後の日本映画史、そして北海道映画史に残した大きな足跡をたどります。
イベント情報
[アートシネマ館]
7月29日(土)
~追悼特別展「高倉健」記念上映~
「刑事」
ひたむきに事件を追い続けるひとりの刑事の生きざまを高倉健が熱演。
制作統括 廣田建三 1995年 カラー 89分

8月26日(土)
「4分間のピアニスト」
監督クリス·クラウス 2007年 カラー 110分
●各日午前10時~午後2時~(2回上映)
●会場当錧アートホール ◆入場無料

[ギャラリートーク]
7月22日(土)、8月5日(土)、19日(土) 各日、午後2時~(約30分)
講師 当館学芸員 会場 当館展示室 ▶要観覧券

[新冠町レコード館によるレコード鑑賞のお誘い]
7月7日(金)~7月9日(日)各日、午前9時30分~午後5時
会場 当館フリーアートルーム ▶参加無料

[夏のキッズアトリエ]
いろいろな道具や材料を使って、自由に工作しよう!
7月22日(土)~8月16日(水)各日、午前9時30分~午後5時
会場 当館フリーアートルーム ▶参加無料

[パフォーミング・シアター2017ポケットサーカス]
9月2日(土)午前11時~/午後1時30分~(2回開催、約45分)
出演 中村太一パントマイムスタジオ
会場 当館前庭(雨天の場合はアートホール) ▶参加無料
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp/schedule/index.html#event0701
会場住所
〒085-0017
北海道釧路市幸町4-1-5
交通案内
・JR釧路駅より 徒歩約15分 (南へ約1.2km)
・くしろバス:「十字街」「十字街7丁目」停留所下車 徒歩3~5分
・釧路空港より市内行き連絡バス 約50分→「フィッシャーマンズワーフMOO」下車 徒歩約2分
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp
北海道釧路市幸町4-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索