タイトル等
古代日本 文字のある風景
金印から正倉院文書まで
会場
香川県立ミュージアム
会期
2003-02-15~2003-03-23
休催日
月曜日
開催時間
9:30~17:00 金曜日は19:30まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般800円
主催者
香川県歴史博物館 香川県教育委員会 朝日新聞社
概要
本展覧会では,国立歴史民俗博物館の企画をもとに,重要文化財の「貨泉」「山辺郡印」をはじめ,全国各地の木簡,漆紙文書,墨書土器などの文字資料や正倉院文書の複製品を展示し,古代日本の文字世界を復元するとともに,文字を通じて古代社会の実像に迫ります。また,あわせて県内出土の文字資料や館蔵資料を展示し,古代讃岐国における文字世界を紹介します。
ホームページ
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/
展覧会問合せ先
087-822-0002(代)
会場住所
〒760-0030
香川県高松市玉藻町5-5
交通案内
■ JR高松駅から 東へ900m
■ ことでん 高松築港駅から 東へ800m
■ ことでん 片原町駅から 北へ500m
■ ことでんバス「県民ホール前」下車 徒歩2分
◎ 岡山・愛媛・高知方面から
…高松自動車道 高松西ICより 車で約30分
◎ 徳島方面から
…高松自動車道 高松中央ICより 車で約25分
◎ 高松空港から
…JR高松駅まで リムジンバスで35分
ホームページ
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/
香川県高松市玉藻町5-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索