タイトル等
ASEAN設立50周年記念
サンシャワー 東南アジアの現代美術展
1980年代から現在まで
六本木発。アート・フェス!
2館同時開催
会場
国立新美術館×森美術館
会期
2017-07-05~2017-10-23
休催日
(国立新美術館)
毎週火曜日休館
開催時間
(国立新美術館)
10:00~18:00

(毎週金曜日・土曜日は21:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
観覧料
(円/税込)
2館共通 ※国立新美術館&森美術館の両方
当日(一般)1,800(大学生)800
前売(一般)1,600(大学生)600

単館 ※国立新美術館または森美術館の一方のみ
国立新美術館
当日(一般)1,000(大学生)500
団体(20名以上)
(一般)800(大学生)300

森美術館
当日(一般)1,000(大学生)500
団体(20名以上)
(一般)800(大学生)300
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料。
※障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
※学生は身分証等をご提示ください。
※団体券は各館で販売(国立新美術館は20名以上、森美術館は15名以上で団体料金を適用)します。
※前売券(2館共通のみ販売)は、展覧会ホームページからお求めください。
【5月15日(月)から7月4日(火)まで販売。手数料がかかる場合があります。】
※サントリー美術館、国立新美術館、森美術館で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、相互割引「あとろ割」(200円引)が適用されます(国立新美術館、森美術館の各単館券のみ有効)。
※その他の割引につきましては、各館へお問い合わせください。
※森美術館併設の展望台 東京シティビュー、屋上 スカイデッキ、森アーツセンターギャラリーへの入館は別料金になります。
主催者
国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
協賛・協力等
共催:朝日新聞社、東京新聞、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、NHK
後援:外務省、インドネシア共和国大使館、カンボジア王国大使館、シンガポール共和国大使館、タイ王国大使館、フィリピン共和国大使館、ブルネイ・ダルサラーム国大使館、ベトナム社会主義共和国大使館、マレーシア大使館、ミャンマー連邦共和国大使館、ラオス人民民主共和国大使館
協賛:株式会社大林組、トランスコスモス株式会社、WEARNES、住友商事株式会社
協力:全日本株式会社、シャンパーニュ ポメリー
概要
人口約6億人。多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域ではダイナミックで多様な文化が育まれてきました。経済発展が目覚ましい近年、その現代アートの動向にも世界中から大きな注目が集まっています。「天気雨」を意味する展覧会タイトル「サンシャワー」は、東南アジア地域では頻繁にみられる気象現象であり、紆余曲折の歴史を経てきた同地域を表すメタファーでもあります。本展は、時代の潮流と変動を背景に発展した東南アジアにおける1980年代以降の現代アートを、9つの異なる視点から紹介する、史上最大規模の展覧会です。どこか懐かしく、まったく新しい東南アジアの姿――私たちの固定観念を覆す、ダイナミズムに満ち溢れるその息づかいを体感してください。
ホームページ
http://sunshower2017.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2
交通案内
電車
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・都営大江戸線 六本木駅7出口から 徒歩約4分
・東京メトロ日比谷線 六本木駅4a出口から 徒歩約5分

バス
・都営バス
六本木駅前下車 徒歩約7分
青山斎場下車 徒歩約5分
・港区コミュニティバス「ちぃばす」赤坂循環ルート
六本木七丁目下車 徒歩約4分
※運行系統、バス乗場については各事業者にお問い合わせください。
ホームページ
http://www.nact.jp/
会場問合せ先
ハローダイヤル(03-5777-8600)
東京都港区六本木7-22-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索