タイトル等
企画展
川村清雄展
知ってる?独自の世界をいきいきと描いた明治の油絵師(ペインター)
会場
那珂川町馬頭広重美術館
会期
2017-07-06~2017-09-10
前期:7月6日(木)~8月6日(日) 後期:8月10日(木)~9月10日(日)
休催日
7月10・18・24・31日、8月7~9・21・28日、9月4日
観覧料
大人 500円(450円) 高大学生 300円(270円)
( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下は無料 ※障がい者手帳等お持ちの方とその付き添いの方1名は半額
[毎月第3日曜日は家庭の日]中学生以下のお子様をお連れのご家族は観覧料が無料になります。
概要
川村清雄(1825~1934)は、明治から昭和にかけて活動した洋画家です。幕府御庭番であった父帰元(出生当時は御徒頭)、母たまの長男として誕生し、幼いころより幕府の学問所で絵を学びました。仕えていた幕府が崩壊した後の明治4年(1871)、徳川家の私費留学生として政治学を学びにアメリカへ渡ります。後にフランス、イタリアと留学を重ねますが、政治学から絵画へと本格的に学びました。帰国後は勝海舟の斡旋や援助により将軍家肖像や海軍戦図など描き、留学時に再認識した日本の伝統美を活かした絵画を描き始めます。それは桜や土人形など日本的なモチーフや漆板を使用するなど、西洋風の油彩画に留まらない清雄独自の油彩画でした。当館の基盤となる青木藤作のコレクションには、清雄の油画や絵葉書、書が多く含まれています。その作品や資料から清雄がどのように日本の伝統美を重視した独自の油彩画を描きあげてきたのか、本展覧会でご紹介します。
イベント情報
■ミュージアムトーク(展示解説)/前期:7月8日(土) 後期:8月12日(土) いずれも午後1時30分~ 当館学芸員
ホームページ
http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/archives/exhibition/715
会場住所
〒324-0613
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
交通案内
【電車・バス】
・JR氏家駅より 東野バス「馬頭行き」で約60分、「馬頭役場前」下車
・JR烏山駅より 那珂川町コミュニティバス 馬頭烏山線「馬頭行き」で約40分、「那珂川町役場前」下車
・JR西那須野駅より 東野バス「馬頭行き」で約60分、「馬頭役場前」下車

※那珂川町馬頭広重美術館へお越しの際は、開館時間[ 9:30~17:00 (入館は16:30まで) ]にお気をつけください。
※バス停「馬頭役場前」「那珂川町役場前」から那珂川町馬頭広重美術館へは、いずれも徒歩1~2分です。

【車】
・常磐自動車道 那珂インターより 1時間
・東北自動車道 矢板インターより 50分
・東北自動車道 宇都宮インターより 50分
ホームページ
http://www.hiroshige.bato.tochigi.jp/batou/hp/index.html
栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索