タイトル等
芦原義信建築アーカイブ展
―モダニズムにかけた夢
会場
武蔵野美術大学美術館
展示室1、3、4、5
会期
2017-05-22~2017-08-13
休催日
日曜日、祝日
6月11日(日)、7月17日(月・祝)、8月13日(日)は特別開館
開催時間
10:00~18:00
(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
観覧料
無料
主催者
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協賛・協力等
共催|武蔵野美術大学 造形研究センター
協力|芦原建築設計研究所
概要
芦原義信の設計による「中央公論ビルディング」(1956年)、「駒沢公園体育館・管制塔」(1964年)、「ソニービル」(1966年)、「モントリオール万国博覧会日本館」(1967年)など10の代表的な建築に加えて、芦原の建築や外部環境の理念を伝える「武蔵野美術大学鷹の台キャンパス」(1964年)を紹介します。
当館が所蔵する20万点に及ぶ「芦原義信建築アーカイブ」の中から100点以上の手描き図面や写真などの建築資料、さらには1950年代初頭ハーバード大学大学院に留学当時の課題図面など貴重な個人資料も展示します。また、会場内のタッチパネル端末によって図面や写真を中心とした全300件の芦原作品資料の閲覧もできます。
アーカイブに残された約4万点の手描き図面は、現在のCADデータによる図面とは違い、技巧に裏打ちされた緻密な鉛筆の運びによって描かれています。図面表現から見える設計者の意思や姿勢、複数の図面から設計プロセスを追うことにより浮かび上がる設計思想、さらには当時の建築設計への情熱が実感できます。またアーカイブには、精密で端正な手描きの構造図や設備図も含まれており、構造設計の織本匠(1918-2001年)や設備設計の犬塚恵三(1924年-)との緊密な連携が芦原の作品の根幹を支えていたことが読み取れます。
本学キャンパスを写真家の村井修/有川幸雄と百瀬俊哉が新たに撮影した写真展示を通して、美術大学として50年以上を経たキャンパスの姿と魅力を新たな角度から浮かび上がらせます。さらに実在の建築をどのように記録していくかという観点から、キャンパスを2年以上延べ650時間にわたって撮影してきたタイムラプスによる映像ドキュメントのインスタレーション展示、モバイル端末などを使った初期キャンパスのCG再現アプリなど、新たな建築アーカイブの試みも体験できます。
※本展は「文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成25-29年度)」の採択を受け、2013年からスタートした武蔵野美術大学造形研究センターの研究プロジェクト「近現代建築空間および生活デザインの高度なデジタル・アーカイブ化と、生活文化空間の総合的研究」の成果を公開する目的で企画されました。
イベント情報
<講演会>「芦原義信建築アーカイブについて」
プログラム
1.講演「アーカイブの意義 父が残そうとしたもの(仮)」
芦原太郎(芦原建築設計研究所 所長/建築家)
2.鼎談「芦原義信建築アーカイブとその可能性について」
芦原太郎(芦原建築設計研究所 所長/建築家)
田中正之(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)
松葉一清(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)
日 時 5月27日(土)16:00-17:30(予定)
会 場 武蔵野美術大学 美術館ホール
.
<ツアー>「設計者とまわるムサビキャンパス」.
日 時/講師
5月27日(土)14:30- 石岡俊二(元芦原建築設計研究所 管理建築士)
6月10日(土)14:30- 児島学敏(都市文化研究室代表/元芦原建築設計研究所 設計部長)
会場 武蔵野美術大学 美術館ホール ※トークの後にキャンパスをまわります。
上記の参加方法:先着順(予約不要)/参加無料/直接会場へお越しください。
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/11114
会場住所
〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
交通案内
1. JR中央線「国分寺」駅乗換、西武国分寺線「鷹の台」駅下車 徒歩約18分

2. JR中央線「国分寺」駅北口下車徒歩3分、西武バス「国分寺駅北口入口」発、「武蔵野美術大学」下車すぐ (バス所要時間 約20分)

※お車でのご来館は、ご遠慮下さい。
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/
東京都小平市小川町1-736
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索