タイトル等
浅野竹二の木版世界
京都にはこんなに楽しい版画家がいた
生きる、笑う、自由に!
会場
府中市美術館
会期
2017-05-20~2017-07-02
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般400円(320円)、高校・大学生200円(160円)、小学生・中学生70円(50円)
*( )内は20名以上の団体料金 *未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
*常設展もご覧いただけます *府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
主催者
府中市美術館
概要
「生きるとは、楽しむことである。それには自由でなければならい。」と、浅野竹二の版画の世界が我々に語りかけてきます。
京都生まれで京都に没した浅野竹二(あさのたけじ 1990-1999)は、はじめ日本画家を志し、やがて木版画家に転向、明朗で光にあふれた独自の全国名所絵で知られるところとなりました。しかし自分で描き、彫り、摺る創作木版画を好むようになり、浅野の作品世界は大きく変化します。版木の中に誰も見たことのないような、柔らかく、穏やかでぽかぽかとした春の日差しのような世界を作り出していきました。
昭和35年、アメリカの社会派の画家ベン・シャートンは、独自の石版画世界を作り出す画家でしたが、突如京都の浅野のアトリエを訪ね、浅野の作品を賞賛しました。この時から二人の交流が始まったのでした。この出会いが、浅野の独自の世界の創出にさらなる力を与えました。浅野の作品に、幼児性とも取れるほどの単純さ、大胆さ、純粋さ、そして愉快さをもたらしました。しかしこの浅野作品には、独特の人生哲学が含まれています。つまり、生きることを人間を中心に考えるのではなく、動物たちに人も含めて、命たちの営みとして、命の「ひとときの輝き」として愉快さを持って語っています。あっけらかんとして、飄々と、生きることをなんの屈託もなく、心からの喜びの笑い声として描いています。
本展では浅野が強く影響を受けたベン・シャートンの作品を加えて二人の作風の交流を辿りつつ、約220点によって、観たらつい微笑まずにはいられない、やさしく楽しい魅力に満ちた浅野竹二の木版世界を紹介します。関西では高い評価を受けてきたユマニスト木版画家・浅野竹二の世界を、関東圏でまとめて紹介する初の機会となります。ぜひご紹介くださいますようお願いいたします。
ホームページ
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/asano_takeji.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル:03-5777-8600
会場住所
〒183-0001
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
交通案内
京王線の府中駅から、「ちゅうバス」のご利用が便利です。
府中駅までは、京王線新宿駅から、特急、準特急で約20分です。

■ 電車をご利用の場合

京王線 府中駅から
・ちゅうバス(多磨町行き) 「府中市美術館」下車すぐ
府中駅バスターミナル8番乗り場から、8時から毎時30分間隔で運行。運賃100円 (現金もしくは回数券のみ)
・京王バス 武蔵小金井駅行き(一本木経由、武71) 「天神町二丁目」下車すぐ
・京王バス 武蔵小金井駅行き(学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・京王バス 国分寺駅南口行き(東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

京王線 東府中駅北口から
・徒歩17分
・ちゅうバス(府中駅行き)「府中市美術館」下車すぐ
8時5分から毎時30分間隔で運行。運賃100円

JR中央線 武蔵小金井駅南口から
・京王バス 府中駅行き (一本木経由、武71) 「一本木」下車すぐ
・京王バス 府中駅行き (学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR中央線 国分寺駅南口から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR武蔵野線 北府中駅から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、府02) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・注記:1時間に1本の運行です。
・注記:お帰りの最終便は美術館閉館時間前です。ご利用の際は、ご確認ください。

■ 自動車をご利用の場合
・調布インターチェンジから 約3.5キロメートル
・国立・府中インターチェンジから 約4.4キロメートル
・八王子方面からのアクセスは、府中スマートインターチェンジをご利用いただけます。お帰りはETC搭載車のみ通行可能です。

府中市臨時駐車場(無料・約60台収容可)をご利用下さい。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
会場問合せ先
ハローダイヤル 03 (5777) 8600
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索