タイトル等
総合開館20周年記念 TOPコレクション 平成をスクロールする|春期
いま、ここにいる
会場
東京都写真美術館
3階展示室
会期
2017-05-13~2017-07-09
休催日
毎週月曜日
開催時間
10:00~18:00
(木・金は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 500(400)円、学生 400(320)円、中高生・65歳以上 250(200)円
※( )は20名以上団体料金 *小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料 *第3水曜日は65歳以上無料
主催者
東京都 東京都写真美術館
協賛・協力等
協賛:凸版印刷株式会社
概要
TOPコレクションは、毎年一つの共通テーマで、三期にわたって東京都写真美術館のコレクションを紹介する展覧会シリーズです。リニューアル・オープン後、最初となるシリーズのテーマは「平成」。34,000点を超える当館コレクションから、近年の新規収蔵作品を中心に、主に平成年代に制作された作品をご紹介します。
平成とは、「いま、ここにいる」ことの意味が繰り返し問われた時代といえるのではないでしょうか。その始まりから四半世紀を越える中で、平成という時代には、社会問題や経済危機、自然災害などさまざまな困難な局面がありました。個人では容易にあらがうことのできないそうした大きな問題に対し、まずは「いま、ここにいる」意味から考えること。シンプルかつ根源的な問いかけは、ときに困難な局面を打開する力を秘めています。
そして、写真とは、「いま、ここにいる」ことの記録であり、そこには作家それぞれの世界との関わり方が表れています。日常と非日常、またはその狭間で、作家はどのように世界と向き合い、「いま、ここにいる」ことの意味を考えてきたのでしょうか。本展では、今日の社会や文化をめぐる状況を踏まえて、出品作品をひも解き、平成という時代を振り返ります。
イベント情報
展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
会期中の第1・第3金曜日16:00 より担当学芸員による展示解説を行います。
本展チケット(当日消印)をご持参のうえ、3階展示室入口にお集まりください。

じっくり見たり、つくったりしよう!
出品作品に写っているものについて参加者全員で対話をしながらじっくり鑑賞したあと、暗室での簡単な制作を行います。
*作品解説ではありません。
2017年6月25日(日)、7月2日(日)いずれも10:30-12:30
対象:小学生とその保護者(二人一組)
定員:各日10組(事前申込制)
参加費:800円(別途本展観覧料)
申込方法など詳細は当館ホームページでご確認ください。

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が 集まり、言葉を交わしながら一緒に美術を鑑賞するワークショップです。
2017年5月28日(日)、6月4日(日)いずれも10:30-12:30
対象:どなたでもご参加いただけます(事前申込制・抽選)
参加費:500円
申込方法など詳細は当館ホームページでご確認ください。
*事業はやむを得ない事情で変更することがございます。
あらかじめご了承ください。
ホームページ
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2772.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索