タイトル等
県美プレミアム 収蔵品によるテーマ展
Out of Real
「リアル」からの創造/脱却
会場
兵庫県立美術館
常設展示室
会期
2017-04-01~2017-06-25
前期 4月1日~5月14日、後期 5月16日~6月25日
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
※特別展開催中の金・土曜日は午後8時まで ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般500円 (400円)〈300円〉
大学生400円 (300円)〈200円〉
70歳以上250円(200円)〈150円〉
高校生以下 無料
※( )は団体料金(20名以上)
〈 〉は特別展セット割引料金
※障がいのある方は各観覧料金の半額になります(ただし70歳以上料金からの割引はありません)。
※障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料になります。
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参の上、会期中美術館窓口で観覧券をお買い求めください。
概要
兵庫県立美術館では、9,000点を超える収蔵作品を、1年を3期に区切り、個々にテーマを設けて紹介しています。 2017年度の第1期目のキーワードは「リアル」です。いつの時代も美術にとって関わりの深いこの言葉は、「本物のような」、「そっくり」、「写実的」という限定的な意味だけでなく、「現実、現実感、実体、認識、視覚」といった様々な概念をも意味、示唆してきました。

本展はこうした「リアル」の多様な意味内容を、「繋・関」、「変・語」、「転・現」、「虚・成」、「生・実」、「望・迫」という展覧会ならではの6つの造語を通して考えます。そして、「アウト・オブ」という「基にする・由来する」と「超える・離れる」という二重の意味を「リアル」に掛け合わせることによって、「〈リアル〉を基点としつつ、超越する」という二重の意味こそが美術作品、作家の制作の本質ではないかと改めて問いかけ、美術や人間の創造力の魅力に迫ります。
イベント情報
(1)ミュージアムボランティアによるガイドツアー
会期中の金・土・日13:00~(約45分)
エントランスに集合 参加無料(要観覧券・定員なし)
(2)学芸員によるギャラリートーク
4月8日(土)、5月13日(土)、6月25日(日)
いずれも16:00~(約60分)。
料金: 無料(要観覧券・定員なし)
(3)こどものイベント「私のリアルなわたし」
4月23日(日)13:00~15:30
対象:小学生以上
要参加費、要申込(3/23朝10時より電話にて受付・先着順 )
会場:アトリエ2
申込・問い合わせ:078-262-0908
(4)絵本をよもう
5月20日(土)11:00~11:30
料金:無料(要観覧券・定員なし)
対象:どなたでも
本展に関連する絵本の読み聞かせを展示室で行います。
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/j_1704/index.html
会場住所
〒651-0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
交通案内
■ 阪神 岩屋駅(兵庫県立美術館前)から 南に徒歩約8分
■ JR神戸線 灘駅南口から 南に徒歩約10分
■ 阪急神戸線 王子公園駅西口から 南西に徒歩約20分
■ JR 三ノ宮駅から、神戸市バス(29、101系統)・阪神バス(HAT神戸行)にて約15分 「県立美術館前」下車すぐ
■ 地下駐車場 (乗用車80台収容・有料)
ホームページ
http://www.artm.pref.hyogo.jp/
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索