タイトル等
描かれた明治ニッポン
~石版画[リトグラフ]の時代~
会場
郡山市立美術館
会期
2003-01-11~2003-02-16
休催日
月曜日(1/13は開館し翌日休館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 500(400)円
高・大学生 300(240)円
小・中学生 150(120)円
※( )は20名以上の団体料金
主催者
郡山市立美術館、描かれた明治ニッポン展実行委員会
概要
文明開化の明治時代、最新印刷技術として一世を風靡した石版画には、古今東西あらゆる主題が描かれました。大蔵省や陸軍の公用印刷物にはじまり、大型化した美しいポスターまで、神話や物語の世界、皇族、政治家、深窓の令嬢や人気を競った芸妓などの肖像画、古くからの名所や新しい都市の景観を描いた風景画、さらには多発する事件や災害そして戦争などの最新ニュースと、それはそれは膨大な石版画が生み出され、消費されました。
今回の展覧会は、これまであまり顧みられることのなかった日本近代美術史における石版画の重要性を検証するという目的を持ったものではありますが、展示される作品に描かれた当時の風俗を楽しんでいただくことも見どころのひとつです。
何よりもそこには、圧倒的なエネルギー、何でも石版画に描いてしまう明治人のパワーを感じていただけるはずです。西欧文化に直面して大きな衝撃を受け、それを貪欲に吸収しようとエネルギッシュに生きた先達の姿は、21世紀に向かって、混沌とした現代を生きる私たちに彼らの元気を与えてくれるに違いありません。レトロだけれどどこか新鮮な鹿鳴館時代のハイカラなファッションなど、当時最新のメディアであった石版画に描かれた明治をご覧ください。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/index.html
展覧会問合せ先
TEL 024-956-2200
会場住所
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
交通案内
郡山駅より 約4キロ

乗用車
・ JR 郡山駅より 約10分
・ 仙台、会津若松、新潟、いわき、水戸方面からは、
磐越自動車道 「郡山東I.C.」より 約20分
・ 白河、宇都宮、東京方面からは、
東北自動車道 「郡山南I.C.」より 約20分

JR線
・ 東北・秋田・山形新幹線、東北本線、磐越東西線、水郡線で郡山駅下車。
・ 東京駅から郡山駅まで 新幹線で約1時間20分です。

バス
・ 郡山駅前バス 5番乗り場より
「美術館経由 東部ニュータウン」行き (所要時間 約10分)
・ 郡山市美術館バス停から美術館までは、歩いてすぐ(約1、2分)です。
※バス時間は変更になることがあります。

福島空港
・ 札幌、大阪(伊丹)から直行便があります。
・ 福島空港からJR郡山駅まで リムジンバス約40分。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索