タイトル等
大画面で楽しむ日本の美
屏風絵の世界
会場
本間美術館
美術展覧会場
会期
2017-09-08~2017-10-17
開催時間
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般900円(810円)学生400円(350円)小・中学生以下は無料
※ ()内は20名以上の団体料金になります。
※上記入館料で国指定名勝「本間氏別邸庭園(鶴舞園)」「清遠閣」もご覧いただけます。
主催者
公益財団法人本間美術館
協賛・協力等
■共催/山形県・ (公財)山形県生涯学習文化財団
■後援/ 酒田市・酒田市教育委員会
概要
屏風絵は、隅から隅まで楽しめる立体キャンバスです。
日本における屏風の歴史は古く、現存する最古の遺物としては奈良時代の聖武天皇の遺愛品「鳥毛立女屏風」にまで遡ります。平安・鎌倉時代には、風や視線を遮るとともに、室内装飾として欠かせない調度品として用いられていました。しかし、時代とともに様式が変化していき、鑑賞絵画としての需要が高まった桃山時代から江戸時代にかけては、墨の濃淡を用いた山水画、華やかな色彩の花鳥画や風俗画など、屏風ならではの大画面を活かした迫力ある絵が盛んに描かれるようになります。明治時代以降は、西洋文化の影響により調度品として用いられる機会が少なくなりましたが、展覧会という作品の発表の場ができたことで絵画の一形態として描かれ続けていくことになります。
本展では、江戸時代の土佐派や狩野派をはじめ、竹内栖鳳や小堀鞆音などの屏風絵を展示し、日本の伝統的な美のひとつとして楽しまれた屏風絵の魅力に迫ります。
イベント情報
学芸員のギャラリートーク「屏風絵の世界」
9月17日(日) 午後2時~
場所:美術展覧会場 ※参加には入館券が必要です。
ホームページ
http://www.homma-museum.or.jp/event/ai1ec_event-698/
会場住所
〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7
交通案内
羽越本線酒田駅下車、徒歩5分
庄内空港から庄内交通バス酒田駅行き(40分) 終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分
ホームページ
http://www.homma-museum.or.jp
山形県酒田市御成町7-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索