タイトル等
2017年春企画展
書人 會津八一 その制作の現場
名品たちを生んだ、秘密の資料を一挙公開。
会場
新潟市會津八一記念館
会期
2017-04-04~2017-07-02
休催日
月曜日(ただし、5月1日は開館)
開催時間
午前10時~午後6時
(午後5時30分まで受付)
観覧料
一般 500円、大学生 300円
高校生 200円、小・中学生 100円
※団体20名以上2割引、土日祝日は小中学生無料
主催者
新潟市會津八一記念館
協賛・協力等
【共催】
新潟日報社
【後援】
BSN新潟放送
【協力】
淺川園、今成漬物店、大阪屋、里仙、高橋酒造
概要
會津八一は独往の書家として知られ、数々の名品を残しています。一見、自由闊達、縦横無尽とみられる八一の書ですが、実は厳格で精密な制作を試みていました。彼は徹底した準備と、たゆまぬ努力で独自の芸術に挑んでいたのです。
その痕跡は、八一が残した書と資料などからも垣間見ることができます。創作のために準備した様本(ノートブック)には、ペンで気に入った文字を書き写し、その配置を何度も書き記しています。また、筆を持っても、下書きを繰り返し行っています。いざ本番を迎えても、何度も揮毫し、その中から自らが納得した書だけに印を押しています。その制作の労を示すように、八一の揮毫風景を撮影した写真にはたくさんの書物と、書き損じの紙に埋め尽くされた部屋が映し出されています。
本展では、八一が残した作品と、様々な資料を紹介しながら、彼の書の秘密を解き明かしていきます。
イベント情報
【講演会】演題:「書家から見た會津八一の魅力」
■講師:杭迫柏樹氏(書家・日展会員)
■日時;平成29年5月25日(木)
■会場:メディアシップ 日報ホール
■定員:150名
■聴講料:500円
※往復はがきに住所、氏名、電話番号をお書きの上、會津八一記念館へお申し込みください。
※1通につき1名様までのご応募といたします。定員に達し次第締め切ります。
ホームページ
http://aizuyaichi.or.jp/exhibition/1512/
会場住所
〒950-0088
新潟県新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階
交通案内
新潟駅から
バス 約9分 / タクシー 約5分 / 徒歩 約15分
ホームページ
http://aizuyaichi.or.jp/
新潟県新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索