タイトル等
特別展
日本画こころの京都
会場
浜松市秋野不矩美術館
第1展示室、第2展示室、企画展示室
会期
2017-04-29~2017-06-18
前期:平成29年4月29日(土曜日)~5月21日(日曜日)
後期:平成29年5月25日(木曜日)~6月18日(日曜日)
休催日
5月8日、15日、22日~24日、29日、6月5日、12日
開催時間
午前9時30分~午後5時
観覧料
一般800円、高校生500円、小中学生300円
※前売り及び20名以上の団体の場合は2割引
※70歳以上、障害者手帳所持者は半額
※静岡県内の小学生でミュージアムパスポート持参の方は無料

[前売券]:秋野不矩美術館、浜松市美術館にて4月1日(土)より販売
主催者
浜松市秋野不矩美術館、中日新聞東海本社
協賛・協力等
【共催】:京都府
【後援】:テレビ静岡、K-mix、中日ショッパー
【協賛】:遠州鉄道(株)、天竜浜名湖鉄道(株)
【協力】:京都府京都文化博物館
【企画協力】:(株)アートワン
概要
悠久の歴史を刻んできた古都・京都は、長きに渡って日本の伝統・文化の中心地として多様な発見を見せ、人々の心を惹(ひ)きつけてきました。また、北から南へと連なる丹後・丹波・山城地域において、それぞれ特色のある気候風土のもと、豊かな自然と実りのある暮らしが育まれてきました。平成25年、京都府は、京都に息づく様々な情景を後世に伝えるべく、京都を拠点に活躍する日本画家100名を選出し、日本画「こころの京都百選」を制作しました。風情のある街並み、歴史ある文化と営み、由緒ある寺社や名所・旧跡、美しい海や山河の風景など、実に多彩な表情を見せる京都が、現代の日本画家たちによって表現されています。
京都府外において初の開催となる本展では、京都府の所蔵する日本画「こころの京都百選」シリーズ全100点により、日本人の心のふるさととも言える京都の情趣をご堪能いただきます。また、当館が立地する浜松市天竜区の出身である日本画家・秋野不矩は、京都に居を構えて創作活動に取り組み、多彩な制作で日本の芸術文化に大きな功績を残しました。本展では、秋野の画業の礎(いしずえ)ともいえる京都について、秋野自身がその姿を描き上げた作品も併せて展示し、秋野芸術と京都の美、双方の奥深い魅力を感じていただく機会ともいたします。
展示替え情報
※会期の前後半で展示替えを行い、展示作品を大幅に入れ替えます。
会場住所
〒431-3314
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
交通案内
●電車利用
◎JR[掛川駅]より 天竜浜名湖鉄道に乗り換え [天竜二俣駅]下車、徒歩約15分

◎JR[浜松駅]より 遠州鉄道に乗り換え [西鹿島駅]下車、
遠鉄バス[二俣・山東行]で[秋野不矩美術館入口](約7分)下車、徒歩約10分
[西鹿島駅]より タクシーで約7分

●車利用
◎新東名 [浜松浜北IC]から約10分、[浜松SAスマートIC]から約20分

◎東名 [浜松西IC]から約50分、[袋井IC]から約30分。
ホームページ
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/akinofuku/index.html
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索