タイトル等
endless 山田正亮の絵画
画家(かいぶつ)が、いた。
会場
京都国立近代美術館
会期
2017-03-01~2017-04-09
休催日
毎週月曜日(ただし、3月20日は開館し、21日は休館)
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般1000(800)円、大学生500(400)円
※( )内は前売り、20名以上の団体料金 ※高校生以下および18歳未満は無料 ※心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものをご提示ください。) ※本展の観覧料で、同時開催のコレクション展もご覧いただけます。 ※前売券は、2月28日までの期間限定発売。前売券の主な発売場所:ローソンチケット(Lコード:55217)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど(チケット購入時に手数料がかかる場合があります。)
主催者
京都国立近代美術館、東京国立近代美術館
協賛・協力等
協力:一般社団法人山田正亮の会
概要
「描き続けたまえ 絵画との契約である」
もし仮に生きるということが、つきつめると起きて食べて寝ることの繰り返しであるならば、画家山田正亮(1929-2010)は、「絵画と契約する」ことによって、生きることに絵を描く営みをも加えてしまった人間です。50年以上ものあいだ、絶え間なく描き続けられた絵画作品の数は、ほぼ5,000点。彼は世俗や流行に背を向け、誰かにおもねることもなく、東京の郊外に構えたアトリエで、ひとりで制作を続けたのです。その作品群は、1978年、康画廊(東京)での個展で、驚きと称賛をもって迎えられ、以降、彼は、現代絵画の遅れてきた寵児として高い評価を受けるようになりました。2005年に府中市美術館で個展が開かれたほか、近年では、欧米圏でも注目を集めつつあります。
山田正亮の一点一点の作品は、常に熟練の技巧によって丹念に描きこまれた高質なものですが、その一方で彼は、自らの全作品をひとかたまりのものとしてとらえ、その全体の持続と整合性こそがまるでひとつの作品であるというような、独特な姿勢を保ち続けました。それは、一見すると作者の意図の通りに編集された、クールな知的探求のようにも見えます。しかし、50年に及ぶ作家と絵画とのやりとりは、実際には決して平坦なものではありえず、掌握しきれない偶然や矛盾、飛躍や相克のドラマに満ちてもいたはずです。作家の没後6年を経て、山田正亮の仕事を鳥瞰できるようになったいま、私たちは、夥しく繁茂する彼の絵画の総体を、作家の色どりある生きざまの発露として味わうことができるでしょう。
初めての包括的な回顧展となる本展では、生前公にされることのなかった膨大な量の制作ノートの解析や、近年進められてきた専門家による諸研究を踏まえ、日本の戦後美術において唯一無二の活動を見せた山田正亮の全体像をご紹介します。各年代の主要な作品を網羅することはもちろん、多様な探究の足跡をうかがわせる紙作品、制作ノートなども展示することで、山田正亮の作品総体の、複雑で魅惑的なあり様を体感していただける場を目指します。
イベント情報
【講演会】
「山田正亮の絵画について」
日時:3月11日[土]18:00-19:30
講師:中林和雄(東京国立近代美術館副館長/本展企画者)
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
定員:先着100名 ※当日17:00から1階受付にて整理券を配布します。

【ギャラリー・トーク】
日時:4月1日[土]14:00-14:30
講師:平井章一(京都国立近代美術館主任研究員)
会場:京都国立近代美術館 3階企画展示室
※聴講無料、本展の観覧券が必要です。開始10分前に1階受付にお集まりください。

【春休みワークショップ】
「だいへんしん!山田正亮の絵画」
日時:3月18日[土]、25日[土]、4月1日[土]12:00-15:00(随時参加可能)
作品に登場する色だけを使って、オリジナルの絵を描こう。予約不要。詳細は当館ホームページをご覧ください。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2016/418.html
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索