タイトル等
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
南桂子 銅版画展 花かごを抱えて
会場
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期
2017-03-04~2017-05-07
休催日
月曜日(3/20は開館)、3/21(火)
開催時間
11:00~17:00
土日祝10:00~/最終入館16:30
《ナイトミュージアム/会期中第1・3金曜20:00まで開館/最終入館19:30》
※第1・3金曜…3/17、4/7、4/21、5/5の4日間
※4/22(土)はワークショップ開催のため1階展示室が観賞しにくくなります。
※休館日、開館時間等は都合により変更する場合がございます。
観覧料
大人600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
概要
夢と現(うつつ)のあいだを、はだしで散歩するような、あたたかな孤独に包まれて、南桂子(1911-2004)の作品は今もここにあり続けています。
のちに20世紀を代表する銅版画家となる浜口陽三との出会いをきっかけに、戦後のパリで銅版画家の道を一途に歩んだ南桂子。作品の世界は、遠くをみつめるまなざしでつくられたその日から、今日とは別の時間軸に存在し、いつまでもいつまでも変わることはありません。
眼に映る色をもう一度つくりなおしたような新鮮さと、心に寄り添うなつかしい時間を、春のひとときにどうぞお楽しみください。
南桂子の銅版画約50点と浜口陽三の銅版画約20点を展示します。
イベント情報
●コーナー展示「お菓子と包み紙」
静岡・沼津の老舗菓子店「旭園本店」(1901年創業)は1970年代から2000年まで南桂子の絵を包み紙や掛け紙に使用していました。本展では当時のお話と共に、実際に使用していた掛け紙を3点展示します。併せて、70年代当時には既に親しまれていた都内の洋菓子店「自由が丘モンブラン」(1933年創業)と、「マッターホーン」(1952年創業)の包み紙も紹介します。
●ワークショップ「線と光のゆらめくグラス」
グラスに彩色されたエナメルを彫って模様を描きます。かりかりと描く手作業による線は南桂子の銅版画にも通じるあじわいです。土台となるグラスは講師の戸田晶子さんに制作いただくオリジナルです。グラスは後日「焼き付け」して発送します。
講師:戸田晶子(ガラス作家)
日時:4月22日(土)第1回 10:00~12:00 第2回 14:00~16:00
定員:各回10名
対象:小学生から大人まで
参加費:3200円(入館料・材料費含む)、グラスの着払送料が別途かかります
持ち物:エプロン
*お申し込み後、直前でのキャンセルはご遠慮ください
イベント申込み方法:3/22(水)11:00 より電話にて受付開始(先着順、開館時間のみの受付です)
ホームページ
http://www.yamasa.com/musee/exhibitions/20170304-0507/
会場住所
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
交通案内
地下鉄

◎半蔵門線水天宮前駅 3番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線の水天宮前駅の3番出口から地上に出たら、うどん屋さんと、細い道路を隔てて左斜め向かいに、1階ガラス張りのギャラリー風の建物を探してください。
入口上方に青色と黒色の旗(バナー)が見えます。

◎日比谷線人形町駅 A2出口 徒歩8分
◎浅草線人形町駅 A5出口 徒歩10分
人形町通りを半蔵門線水天宮前駅方向へ、FedEx Kinko's Japan (フェデックス キンコーズ・ジャパン) を通り過ぎ、さらに200mほどまっすぐ行きます。首都高速高架のすぐ手前右側の厚木クリニックの角を右に曲がると2軒目の建物が美術館です。1階ガラス張り、入口上方の青色と黒色の旗(バナー)が目印です。

※日本橋三越前から歩くと20分以上かかります。最寄駅の水天宮前のご利用をおすすめします。


バス

中央区コミュニティバス(江戸バス) 北循環ルート
「蛎殻町一丁目水天宮前駅 <22番>」下車 徒歩3分
運行時間 20分間隔
料金 100円(未就学児無料)

主要駅からご利用の場合の所要時間
・東京駅から「東京駅八重洲北口(八重洲地下街北入口)<6番>」より約30分
・三越前駅から「本石町一丁目(日本橋三越前)<8番>」より約27分




首都高速 浜町出口から600m、約3分
首都高速 清洲橋出口から450m、約3分

東京シティエアターミナル駐車場入口前
※美術館には駐車場がありません。向かいのコインパーキングをお使いください。
ホームページ
http://www.yamasa.com/musee/
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索