タイトル等
秋季特別企画展
浮世絵ねこの世界展
―愛されニャンコから猫又まで―
みんなで遊びに来てニャ!
会場
中山道広重美術館
展示室1
展示室2
会期
2017-10-05~2017-12-10
前期:10.5(木)-11.5(日) 後期:11.9(木)-12.10(日)
休催日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日・祝日を除く)
※10.2(月)~4(水)、11.6(月)~8(水)は展示替えのため、10.10(火)、11.24(金)は祝翌日のため休館いたします。
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人820円
(20名以上の団体は660円)
▲18歳以下、障がい者本人と付き添い1名は無料
主催者
恵那市、恵那市教育委員会、(公財)中山道広重美術館
協賛・協力等
監修:稲垣進一(国際浮世絵学会常任理事)
企画協力:ステップ・イースト
後援:NHK岐阜放送局
概要
今、世の中は空前の猫ブームです。家族のように私たちと生活を共にする猫たちは時に寄り添い、時につれなく、気ままにふるまい私たちを楽しませてくれます。猫は古代から人間に身近な存在でしたが、ペットとして庶民にも広く愛されるようになったのは江戸時代に入ってからのことでした。
江戸っ子は猫が大好き。可愛らしい猫、ちょっと怖い猫、滑稽な猫…浮世絵にも猫たちがたくさん登場します。特に歌川国芳は無類の猫好きとして知られ、美人画や戯画などさまざまな作品に猫を描いています。
今秋、中山道広重美術館にそんな"猫"をテーマに春信や国芳、国貞らが腕を揮った浮世絵が大集結!本物の猫は苦手なんていう方も、絵の中のニャンコたちのユニークな表情に、思わずクスリとしてしまうはず。あなたもニャンダフル・ワールドに遊びにきませんか?
イベント情報
※イベント内容等は変更となる場合があります
●公開講演会:△無料(ただし観覧料は必要)
講師:稲垣進一氏(国際浮世絵学会常任理事)
日時:10.21(土)午後1時30分~午後3時30分(予定)
※予約不要、定員80名

●学芸員による作品ガイド:△無料(ただし観覧料は必要)
日程:前期10.22(日)、後期12.3(日) 各日午前10時30分~(30分程度)
場所:展示室1、2(1、2F)

●期間限定ねこマシュマロ販売:ふわふわの猫マシュマロで、癒やしのひとときを
※日時未定、詳しくはお問い合わせください

●呈茶会(美術館ボランティア香風会 代表 鎌田幸子)
場所:メーンラウンジ(1F)
※詳しくはお問い合わせください

●解説ボランティア「幽遊会」による作品ガイド:要事前予約
展示替え情報
〇前・後期作品入れ替え(一部通期展示)
ホームページ
https://hiroshige-ena.jp/exhibitions/20171005
会場住所
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1
交通案内
お車でお越しの場合
・東京から
東名高速道路で4時間30分 または 中央自動車道で3時間30分
・名古屋から
国道19号で1時間45分 または 中央自動車道で1時間
・岡谷JCから
中央自動車道で1時間30分

電車でお越しの場合
・名古屋から JR中央本線で約1時間 恵那駅から 南へ徒歩約3分
ホームページ
http://hiroshige-ena.jp/
岐阜県恵那市大井町176-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索