タイトル等
企画展
道中の楽しみ
―保永堂版東海道
会場
中山道広重美術館
展示室1
会期
2017-07-21~2017-08-27
休催日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日・祝日を除く)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人510円(410円)
( )内は20名以上の団体料金
※18歳以下、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
主催者
恵那市、恵那市教育委員会、(公財)中山道広重美術館
概要
広重最大の代表作である《東海道五拾三次之内》 (保永堂版)に描かれた宿場を巡りながら、当時の人々が旅の道中の楽しみとしていた名所・名物をご覧いただきます。
徳川家康により整備が始まった五つの街道のうち、江戸と京都を結ぶ二大幹線の一つとして慶長6年(1601)に定められた東海道。当時は約490kmの道のりを、大体2週間前後で踏破したと言います。道中では数々の難所や困難が旅人を待ち構えていましたが、しかしそればかりではありません。美しい景色や美味なる道中名物が時に旅人の疲れを癒やし、時に次の宿場を目指す活力となっていました。ぜひ旅人たちと心を一にして、東海道の旅をお楽しみください。
イベント情報
※無料(ただし、観覧料が必要です)

お盆8.14(月)のイベント ◆この日に限り観覧無料
●ゆかたで涼む美術館
①夜間特別開館(午後8時まで開館、入館は午後7時30分まで)
②学芸員による作品ガイド-時間:午後2時~ (30分程度) 場所:展示室1(1F)
③写真撮影コーナーの設置-当日、浴衣でご来館された方には浮世絵(拡大図)の前で記念撮影した写真をプレゼント。メーンラウンジ(1F)で午後7時30分まで開催

なつやすみ★こどもびじゅつかん2017
●江戸式クッキング-江戸時代の本で実際に紹介されていたメニューを再現します
日時:8.8(火) 午後1時30分~3時30分(予定)
お申し込み:7.4(火)~ ※材料費(200円)のみ別途必要、詳細は美術館までお問い合わせください

●学芸員による作品ガイド
日時:8.6(日) 午前10時30分~(30分程度) 場所:展示室1(1F)

●解説ボランティア幽遊会による作品ガイド-随時(要事前予約)
会場住所
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1
交通案内
お車でお越しの場合
・東京から
東名高速道路で4時間30分 または 中央自動車道で3時間30分
・名古屋から
国道19号で1時間45分 または 中央自動車道で1時間
・岡谷JCから
中央自動車道で1時間30分

電車でお越しの場合
・名古屋から JR中央本線で約1時間 恵那駅から 南へ徒歩約3分
ホームページ
http://hiroshige-ena.jp/
岐阜県恵那市大井町176-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索