タイトル等
本館リオープン記念 特別展
尾張徳川家の雛まつり
会場
徳川美術館
会期
2017-02-10~2017-04-09
休催日
月曜日
3.20(月・祝)は開館、翌3.21(火)は休館
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時半まで
観覧料
一般 1,200円・高大生 700円・小中生 500円
20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引※土曜日は小中高生入館無料
主催者
徳川美術館・名古屋市蓬左文庫・中日新聞社・NHK名古屋放送局
協賛・協力等
協力 名古屋市交通局
概要
徳川美術館には、尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた雛人形や雛道具が伝来しており、いずれも御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っています。
また、所狭しとお人形や雛道具が並べられる明治・大正・昭和の雛段飾りは、高さ2メートル、幅7メートルにもおよび圧巻です。大名家ならではの、豪華で気品ある雛の世界を紹介します。
イベント情報
[お問い合わせ]お申込みは往復はがき・FAX・Email [FAX]052-935-9444 [Email]taiken@tokugawa.or.jp

目で見る雛まつり-十二単着装公開-
一般財団法人民族衣装文化普及協会による着付・解説で
公家女子の正装「十二単」の着付けをご覧いただきます。
お話/一般財団法人民族衣装文化普及協会 理事 武田富枝氏
琴演奏/生田流宮城会 大師範 早川恵子氏
日時/2月25日(土)
午前の部 午前11時~12時
午後の部 午後2時~3時
場所/徳川美術館講堂
※入館者見学自由

姫君 満喫プラン
学芸員による特別解説・体験(聞香
または貝あわせ)・お抹茶と和菓子
をセットにしたお得なプログラムです。
日時/ 3月2日(木)・3日(金)・5日(日)
午前10時30分~
午後1時30分
参加費/ 1,500円 (入館料別)
※申込み制 (各先着20名)
※プラス2,500円の特別価格で
宝善亭「雛御膳」をお付けできます。

オリジナル香(かお)り袋(ぶくろ)・文香(ふみこう)をつくる
日時/ 2月11日(土・祝)
午前の部 午前11時~12時 午後の部 午後2時~3時
講師/ 春香堂 社長 小川薫氏
参加費/ 1,500円 (入館料別 )※申込み制 (各先着60名)

雛御膳
展覧会会期中、当館園庭内の「宝善亭」にて、春の彩りを盛り込んだ懐石風のお弁当『雛御膳』を数量限定でご用意いたします。2,800円 (消費税込・入館料別TELl:052-937-0147
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索