タイトル等
日本におけるキュビスム
―ピカソ・インパクト
会場
高知県立美術館
会期
2017-02-12~2017-03-26
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時
(入場は4時30分まで)
観覧料
一般前売720円・一般900円(720円)・大学生600円(480円) 高校生以下は無料
※()内は20名以上の団体料金
※観覧料はすべて税込価格
※年間観覧券所持者(2,580円)は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料

<前売券販売所>
高知県立美術館ミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知市文化プラザミュージアムショップ、高知大丸プレイガイド、サニーマート(一部店舗を除く)、高知県庁生協売店、こうち生活協同組合、ホームセンターマルニ・イエローハット(高知県南国店のみ)・アシストファーム・ホームセンターハマート(一部店舗を除く)、ローソンチケット(Lコード61465 ※ローソンチケットのみ県外店舗でも販売しています)
主催者
高知県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
後援:高知県教育委員会、高知市教育委員会、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、NHK高知放送局、KCB高知ケーブルテレビ、エフエム高知、高知シティFM放送
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協力:日本通運
概要
20世紀初頭、多くの革新的な美術運動が登場しました。なかでも1907年頃パリに発生し、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって主導されたキュビスムは後世に大きな影響を与えました。絵画によって現実を再現するのではなく、絵画自体が新しい現実となることをめざしたキュビスムは従来の絵画観を一新する可能性を秘めていたからです。
1910年代から20年代にかけてキュビスムは日本へと伝えられました。キュビスムを初めて本格的に探究した萬鐵五郎、パリに留学した東郷青児、独自にキュビスムを消化した坂田一男、更に通常こうした動向とは結びつけられない前田寛治らのキュビスム風の作品は、この様式の日本での広がりを示しています。しかしフォーヴィスムやシュルレアリスムと比べると、多くの画家はつかのまキュビスムの実験に手を染めた後、足早に立ち去りました。キュビスムは日本の画家によって深められることがなかったのです。
ひとたび姿を消したキュビスムの影響は意外なところで復活します。契機となったのは1951年に東京と大阪で開かれたピカソの展覧会でした。1950年代前半、日本の美術界にピカソは大きな衝撃を与え、その影響は洋画のみならず、日本画から彫刻、工芸といった広いジャンルにまで及びました。多くの作家がキュビスムの手法を取り入れながら、様々な主題の作品を制作しました。
この展覧会はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられています。世界的にみてもきわめて異例なこのような状況を、ピカソとブラックの作品、そしてそれらに触発された日本の作家たちの作品、約160点によってふりかえります。
イベント情報
●記念講演会
「キュビスムは二度死ぬ、あるいは死なない」
講師:尾崎信一郎(鳥取県立博物館副館長兼美術振興課長)
日時:2017年2月12日(日) 14:00~15:30
会場:1階講義室(定員50名)
聴講料:無料

●ワークショップ①
「キュビスム・マスクをつくろう」
講師:井関さおり、国吉晶子(造形教室スタッフ)
日時:2017年2月26日(日) 10:00~12:00
会場:1階創作室
対象:子ども~一般
(子どもはハサミが使用できる年齢/親子の参加可)
参加費:無料(要観覧券)
定員:20名程度
申込:1月26日(木)より受付開始。美術館へお電話でお申込みください。(先着順)

●ワークショップ②
「キュビスム体操!」
「ロダン体操」や「シャガール体操」で絶賛された、静岡県浜松市出身の現代美術作家・高橋唐子さんが、「日本におけるキュビスム」の開催を記念して「キュビスム体操」を創作しました。展示作品のポーズを真似してみることで、新しい視点から芸術鑑賞が楽しめます。
講師:高橋唐子(美術家)
日時:2017年3月5日(日)
11:00と14:00の2回
会場:中庭(雨天時は変更の場合があります)
参加費:無料(要観覧券)
定員:30人(先着順)

♦担当学芸員によるギャラリートーク(作品解説)
会期中の毎日曜日、担当学芸員による作品解説を行います。観覧券をお持ちのうえ、直接会場にお越しください。
※毎回14:00~15:00
※2月12日、3月5日は行いません。
※2月26日は手話通訳つき(協力:一般社団法人高知県聴覚障害者協会)、3月12日は英語通訳つきのクイックガイドとなります。

♦有資格者による無料託児サービス
日時:3月15日(水)~19日(日)各日10:00~12:00、13:30~15:30
定員:各回10名
料金:無料(要観覧券)
対象:本展を鑑賞される方のご家族で、生後6ヶ月から就学前のお子さま
申込方法:お電話で仮予約の上、申込書を3月8日(水)までにお送りください。
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索