タイトル等
特別ワークショップ・市民交流プログラム
「東北画は可能か?―地方之国構想博物館―鶴岡編」プレヴュー展示
わたしたちは、わたしたちのかけらをつむぐ
会場
鶴岡アートフォーラム
会期
2017-01-22~2017-01-29
休催日
1月23日(月)
開催時間
9:00~17:00
観覧料
無料
主催者
鶴岡アートフォーラム/鶴岡市教育委員会
協賛・協力等
企画協力 三瀬夏之介
概要
テキスタイル作品の《しきおり絵詞》など、「東北画は可能か?」でこれまで制作された作品と、今年度に当館で開催した「東北画は可能か?制作プロジェクト 東北を描く」で、地元の方々が「東北」をテーマに描いた絵画作品を紹介します。

また、あわせて「東北画は可能か?」を主催している東北芸術工科大学、日本画コース2年生の「それぞれの故郷」と題した絵画作品の展示も行います。
イベント情報
●体験コーナー「しきおり絵詞 手織り布に触れてみよう」
内容 さまざまな糸で織られた手織り布の素材と温かみに触れながら、実際に布織を体験できます。織った布はお持ち帰りいただけます。
ファシリテーター 渡辺綾(東北芸術工科大学OG) 佐藤みき(さをり・リーダース・コミティ会員)
日時 平成29年1月28日(土) 10:00~12:00
対象 どなた様でもご入場いただけます
会場 アトリエ
費用 300円 ※当日、会場入口でお支払いただきます
申込 不要 ※直接会場へお越しください

●ワークショップ「しきおり絵詞 織物でつなごう」
内容 自由な色使いとデザインで、“さをり織り”や“裂き織り”など、手織りを体験し、出来上がった布を、2013年から「東北画は可能か?」で紡がれてきたテキスタイル作品《しきお絵詞》につなぎます。制作した手織り布の一部はお持ち帰りいただけます。
ファシリテーター 渡辺綾(東北芸術工科大学OG) 佐藤みき(さをり・リーダース・コミティ会員)
日時 平成29年1月28日(土) 14:00~16:00
対象 鶴岡市に在住・勤務の中学生以上の方
会場 アトリエ
定員 16名
※小学生以下のお子様をお連れの方は、1名として数えます。
費用 600円
持物 古布等
申込 12月4日(日) ~ 平成29年1月21日(土) 9:00 ~ 19:00 ※休館日を除く
館内受付にて費用を添えて申込みください。
(電話受付可)

●手織り体験コーナー
内容 会場に展示している織機を使って、実際に体験していただけます。
※お持ち帰りはできません。
日時 平成29年1月22日(日)~1月28日(土) 14:00~15:00
対象 どなた様でもご参加いただけます
会場 ギャラリー1
費用 無料
ホームページ
http://www.t-artforum.net/2016_h28nendo/host/gallery/tohokugapreview/index.html
会場住所
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町13-3
交通案内
■自動車
高速道路 = 山形自動車道・鶴岡IC より、鶴岡市役所を目指して 約10分

最寄一般駐車場
= アートフォーラム南側駐車場 (※搬入・搬出日以外利用できます) 約10台
= 鶴岡市役所駐車場 (※土・日・祝日のみ利用できます) 約150台
= 鶴岡公園中央駐車場 約50台
= 鶴岡公園南駐車場 約40台
身障者用駐車場
= エントランス東側 3台
いずれも無料でご利用いただけます。

※お車でお越しの方へのお願い
・当館の身障者用駐車場への一般車両の駐車は何卒ご遠慮下さい。
・縁石を無理に乗り越える行為、芝生など植栽の上への駐車はご遠慮下さい。
・周辺の歩道上の走行並びに歩道上への駐車は、危険且つ違法ですのでお止め下さい。

■電車
JR東京駅 →(上越新幹線)→ JR新潟駅 →(羽越本線・特急いなほ)→ JR鶴岡駅
〔所要時間 約4時間〕

■航空機
羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅
〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分

■バス
JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車 → 「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車
〔所要時間 約10分〕
ホームページ
http://www.t-artforum.net/
山形県鶴岡市馬場町13-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索