タイトル等
津高和一展
没後22年によせる架空通信
オマージュ 本多利雄(現代書家)による津高和一のことば
会場
ギャラリー島田
B1F
会期
2017-01-14~2017-02-01
休催日
金曜日
開催時間
12:00~19:00
*火曜日は18:00、最終日は17:00まで
概要
雷神
むかしこの国にはいろいろの神々がいた。
恐ろしくて手のとどかないものは全部神だった。
いまも口ごもる神が僕のそばにいた。
「山村コレクションによる 津高和一作品の流れ」(昭和46年4月3日発行のカタログ=非売品)に寄せた詩から。
ホームページ
http://gallery-shimada.com/?p=4157
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索