タイトル等
速水史朗展 ―風土記(さぬきうた)―
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2002-12-15~2003-03-09
休催日
12/25~12/31
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 950(760)円
大学生 650(520)円
高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
速水史朗は1927年、香川県多度津町に生まれた彫刻家で、現在も故郷を制作の場に選び、精力的な制作活動に取り組んでいる。
速水の作品は、日本瓦の制作技法を用いた独自の黒陶と石彫がよく知られ、それらは地元香川の風土を思わせるかのような柔らかい曲面による有機的な形態が特徴として見られる。また近年では、滋賀県・信楽の焼締による作品を制作するなど、多彩な素材への取り組みが続いている。
1973年第1回彫刻の森美術館大賞展優秀賞をはじめ、野外彫刻展を中心に多数の受賞歴があり、また全国各地の公共的なスペースにモニュメントが設置されているほか、海外でも米・ワシントン、ハーシュホーン美術館・彫刻庭園、ニューヨークのエヴァーソン美術館などにも作品が収蔵され、国際的な評価を得てもいる。
「作品は決して自然や人を無視してはならない」(「おおらかな大地 速水史朗」展高松市美術館1997年)と速水が述べるように、その造形からは自然と人との対話が感じ取れる。素材となる土と石に挑み制作するというよりは、素材に向き合い問いかけることにより日常にある自然、つまりは故郷の風土が持つおおらかさにも結びついているように思われる。
1997~98年にかけて高松、滋賀、下関の各美術館で回顧展が開催され、好評を博したが、今展ではそれ以降に制作された近作を中心に展示。環境造形の写真パネルを加えて速水の新しい世界を探ろうとするもの。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索