タイトル等
1000年忌特別展
源信 地獄・極楽への扉
これぞ地獄
これぞ極楽往生
会場
奈良国立博物館
会期
2017-07-15~2017-09-03
休催日
毎週月曜日、 7月18日(火) ※ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
開催時間
午前9時30分~午後6時
(入館は閉館30分前まで)
毎週金・土曜日と8月6日(日)~15日(火)は午後7時まで
(名品展は開館時間が異なります。詳しくは、当館ホームページをご覧ください。)
観覧料
当日:一般1,500円、高校・大学生900円、小・中学生500円
前売・団体:1,300円、高・大学生700円、小・中学生300円
※前売券の販売は、6月1日(木)から7月14日(金)までです。
※団体は20名以上。
※障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※この観覧料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
※青銅器館は7月31日(月)から8月10日(木)まで休館いたします。

チケット販売所:当館観覧券売場、近鉄主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、JTB、日本旅行、ローソンチケット(Lコード57068)、セブン―イレブン、チケットぴあ(Pコード768-302)、イープラスなど主要プレイガイド、コンビニエンスストア
※チケットの購入時に手数料がかかる場合もあります。

●お得な前売券情報●
販売期間:5月22日(月)~7月14日(金)
源信展ペアチケット 2枚で2,400円(一般のみ)
会期中に2名で1回、または1名で2回のご利用が可能です。

源信展×「バベルの塔」展セット券2枚で2,200円(一般のみ)
源信展と、国立国際美術館で7月18日(火)から10月15日(日)まで開催される「ボイマンス美術館所蔵『バベルの塔』展」のチケットがセットになりました。2展の前売券をそれぞ
れ買うよりも400円お得です。
※「バベルの塔」展観覧料:1,500円偂売1,300円)

お得な前売券はプレイガイド(ローソンチケット(Lコード: 57068)、セブン-イレブン、チケットぴあ(ペア券Pコード:768-302.セット券Pコード:768-303)、イープラスなどで販売

●「地獄絵ワンダーランド」展との相互割引
本展の観覧券(半券可)で、特別展「地獄絵ワンダーランド」(7月15日(土)~9月3日(日)、東京・三井記念美術館)の当日券(一般、大学・高校生)を200円引きでご購入いただけます。
また、「地獄絵ワンダーランド」の観覧券(半券可)で、本展の当日券(一般、大学・高校生)を200円引きでご購入いただけます。(窓口で要提示。他の割引との併用不可。1枚につきお一人様1回限り有効)

●7月29日(土)と30日(日)は子ども無料日!
小・中学生無料。同伴の保護者は団体料金で観覧できます。
主催者
奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局
協賛・協力等
後援:天台宗、比叡山延暦寺、文化庁、奈良テレビ放送
協賛:あいおいニッセイ同和損保、きんでん、竹中工務店、ライブアートブックス
協力:凸版印刷、日本香堂、仏教美術協会
概要
恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)(942~1017)は奈良で生まれ、比叡山(ひえいざん)で修行を積んだ平安時代の僧侶です。源信は死後阿弥陀如来(あみだにょらい)の来迎(らいごう)を受けて、極楽浄土(ごくらくじょうど)へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。誰にでも理解しやすい地獄と極楽の世界を描き出した『往生要集(おうじょうようしゅう)』などによって源信が示した具体的な死後の世界のイメージは、後世へも多大な影響を及ぼしました。
本展は平成28年に迎えた源信の1000年忌を記念し、源信の足跡をたどるとともに、後世に与えた影響の大きさを、関連の仏教美術によって示す特別展です。
地獄絵(ろくどうえ)を含む六道絵や阿弥陀来迎図の名品によって、死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯(しんし)に死と向き合った名僧の姿に思いを馳せていただければ幸いです。
イベント情報
●公開講座
8月5日(土)「浄土の造形―源信以後を中心に―」
武笠 朗 氏(実践女子大学教授)
8月19日(土)「『往生要集』の成立―天台浄土教と源信の信心―」
小原 仁 氏(聖心女子大学名誉教授)
9月2日(土)「源信と浄土信仰の美術」
北澤 菜月(当館学芸部主任研究員)
時間:13:30~15:00(13:00に開場)
会場:当館講堂
定員:各194名
聴講無料
※12時から講堂前にて、入場整理券を配布します(先着順、お1人様につき1枚)。入場整理券の受取の際には本展の観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート、奈良博プレミアムカード等をご提示ください。
※入場受付は講座開始後30分で終了いたします。

●7月29日(土)と30日(日)は子ども無料日!
小・中学生無料、同伴の保護者は団体料金で観覧できます。

●親子講座「エンマさまと地獄めぐり」
エンマ大王(鷹巣先生)がこわーい地獄絵の世界にご案内します!
日時:7月29日(土) ①11:00~11:45 ②13:00~13:45
対象:小・中学生(保護者同伴)
会場:当館講堂
定員:各回40組80名
参加費:無料(ただし参加には保護者の方について本展の観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート等のご提示が必要です)
※申込方法等の詳細は、当館ホームページに掲載いたします。

●親子ワークショップ「つくってわかる!立体地獄絵」
簡単なジオラマ「立体地獄絵」作りを通して、地獄のイメージなどについて学ぶ親子向けワークショップです。
日時:7月30日(日)①10:00~12:00 ②13:30~15:30
対象:小学生(保護者同伴)
会場:当館地下廻廊
定員:各回20名
参加費:無料(ただし参加には保護者の方について本展の観覧券もしくはその半券、国立博物館パスポート等のご提示が必要です)
※申込方法等の詳細は、当館ホームページに掲載いたします。

●第46回奈良国立博物館夏季講座「地獄・極楽と浄土信仰の美術」
開催日:8月23日(水)~25日(金)
会場:奈良県文化会館 国際ホール
受講料:3,500円(会場費、テキスト代などを含む)
定員:600名
主催:奈良国立博物館
受付期間:5月15日(月)~6月5日(日)必着
応募方法や詳細は当館ホームページでご確認下さい。
展示替え情報
※会期中に展示替えがあります。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/genshin/genshin_index.html
展覧会問合せ先
ハロ-ダイヤル 050-5542-8600
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索