タイトル等
月 -夜を彩る清(さや)けき光
いにしえより日本人にめでられてきた月
いま、秋の松濤で月の優品に出会う
会場
渋谷区立松濤美術館
会期
2016-10-08~2016-11-20
<前期>10.8(土)~30(日) <後期>11.1(火)~20(日)
休催日
10月11日(火)・17日(月)・24日(月)・31日(月)・11月4日(金)・7日(月)・14日(月)
開催時間
午前10時~午後6時
(入館は午後5時30分まで)
毎週金曜日は午後8時閉館(入館は午後7時30分まで)
観覧料
一般1,000円(800円)・大学生800円(640円)
高校生500円(400円)・小中学生100円(80円)
60歳以上500円(400円)
※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※障がい者及び付添の方1名は無料
主催者
渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
概要
日々満ち欠けを繰り返し、時を刻む「月」は、1年間の人々の生活に12か月の節目を与えました。明治時代に太陽暦が採用されるまで我が国は長らく太陰暦に則り、月の満ち欠けがまさに人々の生活のサイクルそのものでした。そのような月を日本人は、四季のうつろいに従う景物として鑑賞の対象としてきました。
古来より、名所の月は画題としてしばしば取り上げられました。そして、文学では、「物語のおや」ともいわれる『竹取物語』は、まさに月の天人を主題とした物語で平安時代から読み継がれています。また、和歌で月が多く詠まれることからも、月が創造の源として親しまれてきたことがわかります。その一方、十二天像の月天として信仰の対象としても造形化されました。また、「日と月」「月と雁」「月下美人」というように個別のモチーフと組み合わされることで名所絵における風景の一要素だったものが、よりクローズアップされるようになります。そして絵画ばかりでなく蒔絵調度や陶磁器から刀装具や甲冑などの武具に至るまで、その意匠として採用されました。本展では、絵画・工芸品81件による多面的な展示を通じて、日本人に脈々と流れる「月」への嗜好を探ります。
イベント情報
●記念講演会:11月3日(木・祝)午後2時~
「絵画に浮かぶ月」
樋口一貴氏(十文字学園女子大学人間生活学部文芸文化学科 准教授)
*要入館料 *定員80名 *事前予約の必要はありません。
*直接、地下2階ホールへお越しください。

●当館学芸員によるギャラリートーク
10月15日(土)・21日(金)・11月12日(土) 午後2時~
*要入館料 *事前予約の必要はありません。

●月の音楽会
日時:10月22日(土) 午後2時~
場所:地下2階ホール
出演者:浄瑠璃:常磐津和英太夫 三味線:常磐津都史 箏曲:奥田雅楽之一
*要入館料 *定員80名 *事前予約の必要はありません。
*同日、併せて館内でパフォーマンスも予定しております。詳細は美術館HPでご確認ください。

●館内建築ツアー
10月22日(土)午後4時~4時30分/11月11日(金)午後6時~6時30分
*要入館料 *各回定員20名 *事前予約の必要はありません。

【提携企画】
古典の日「狂言入門」(全席指定:1500円〈税込〉9月4日(日)発売)
日時:11月1日(火)午後6時30分 開演(午後6時開場)
場所:渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール
演目:「月見座頭」善竹十郎ほか
対談:「月を愛でる日本文化」
司会進行:鈴木英一(伝承ホール寺子屋プロデューサー)
ゲストパネラー:村松 修(コスモプラネタリウム渋谷解説員):平塚泰三(当館学芸員)
*区民先行優待有ります。(8月7日(日)~9月3日(土))
※「狂言入門」のお問合せ:渋谷区文化総合センター大和田ホール事務室 電話:03-3464-3252
展示替え情報
※会期中、一部展示替えがあります。
ホームページ
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/170tsuki/
会場住所
〒150-0046
東京都渋谷区松濤2-14-14
交通案内
[電車]
京王井の頭線 神泉駅下車 徒歩5分

JR・東急電鉄・東京メトロ 渋谷駅下車 徒歩15分

[バス]
ハチ公バス
「松濤美術館入口」下車 徒歩2分
(丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)
「東大前」下車 徒歩2分
(丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)

東急バス
渋55「東大前」下車 徒歩2分

京王バス
渋60・61「東大前」下車 徒歩2分
渋60・61「東急百貨店本店前」下車 徒歩5分

都営バス
渋66「東急百貨店本店前」下車 徒歩5分

※駐車場はございません。
ホームページ
http://www.shoto-museum.jp/
東京都渋谷区松濤2-14-14
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索