タイトル等
没後30年 河本五郎展
染付・赤絵 美の境地
会場
パラミタミュージアム
会期
2017-01-02~2017-02-05
概要
瀬戸の伝統染付の家に生まれながらロクロ成型による作陶を30代で捨て、手捻りによる制作を追及した陶芸家 河本五郎(1919~1986)。土の素材感を引き出しながら、独自の個性的な造形を目指した作風は、現在でも国内外で高い評価を受けています。本展では当館が収蔵する河本五郎作品をはじめ、河本家所蔵の作品も展示します。
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索