タイトル等
パロディ、二重の声
【日本の一九七〇年代前後左右】
会場
東京ステーションギャラリー
会期
2017-02-18~2017-04-16
休催日
月曜日(3月20日は開館)、3月21日
開催時間
午前10時~午後6時
(金曜日は午後8時まで、入館は閉館30分前)
観覧料
一般900(800)円、高校・大学700(600)円、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳等ご持参の方は100円引(介添者1名は無料)
主催者
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)
協賛・協力等
Special Cooperation with Cappellini Point Tokyo_Team Iwakiri Products
概要
【右も左もパロディづくし! 機知と批評の技を呼び戻せ】
1960年代から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した「パロディ」。ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花(あだばな)であったのか?そもそもパロディとは何なのか?無事に開催できるのか?日本語として定着し、それでいてなお不明瞭であり続けるパロディという技術または形式に、あえて時代を区切って生々しく具体的に迫ります。絵画やイラスト、めったに見られない漫画原稿や貴重なテレビ映像、裁判記録など、珍しい出品作品にもご期待ください。
イベント情報
◉出血大サービス!特別記念講演会
①『パロディと私』/2月19日(日)/講師・・・会田誠(美術家)
②『1965年 パロディっていうコトバを はじめてきいた』/2月26日(日)/講師…南伸坊(イラストレーター、装丁家、エッセイスト)
③『パロディ・マンガ史 '70s』/3月4日(土)/講師・・・夏目房之介(漫画コラムニスト)
④『パロディ展のてんまつ』/4月9日(日)/講師・・・成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
①-④すべて18時半開場、19時から約90分。展示室にて聴講無料、定員70名。 1月28日以降(ただし2月11日・12日を除く)の10時から18時、電話(03-3212-2485)でお申し込みください。定員に達し次第受付終了。閉館後のイベントのため展覧会はご覧になれません。

●ギャラリートーク(学芸員による展覧会解説)3月1日(水)、15日(水)、29日(水)14時から(約30分)/3階展示室集合/参加無料(別途要入館料)
●レンガ・タッチ&トーク(レンガが特徴の当館のたてもの解説)3月10日(金)、24日(金)、4月7日(金)14時から(約30分)/1階エントランス集合/参加無料(別途要入館料)

◉東京駅周辺美術館学生無料ウィーク3月1日(水)から15日(水)
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201702_parody.html
会場住所
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
交通案内
《JR線 東京駅から》
JR 東京駅 丸の内北口 改札前 (東京駅丸の内赤煉瓦駅舎内)

《東京メトロ 丸の内線 東京駅から》
(1) 改札を出てJR線方面(八重洲方面)に向かい、JR丸の内地下中央改札の手前を左折します。
(2) みどりの窓口の前を通過し、丸の内北口方面の階段を上がります。
(3) 東京駅丸の内北口ドーム内に入ると、左手に当館入口がございます。
ホームページ
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
東京都千代田区丸の内1-9-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索