タイトル等
企画展
常岡幹彦展
―彩と玄のあいだ―
会場
丹波市立植野記念美術館
会期
2017-01-14~2017-03-12
休催日
月曜日
観覧料
一般600円、大学・高校300円、小中学生150円、ココロンカード可
団体割引(20名様以上) 一般500円、大学・高校250円、小中学生100円
概要
常岡 幹彦(つねおか みきひこ)は、1930(昭和5)年に兵庫県氷上郡柏原町(現丹波市柏原町)で生まれ、県立柏原高等学校を経て東京藝術大学で日本画を専攻しました。卒業後は日展を舞台に研鑽を重ねました。端正な花鳥画を得意とし東京美術学校の教授でもあった父常岡文亀(つねおか ぶんき)の存在を常に意識しながら、次第に山水画・風景画へと傾斜していきます。後に集団から離れ、雄大な風景画を専らとする独自の画境を拓きました。

このたび植野記念美術館では、昨年物故された日本画家「常岡幹彦」の主に丹波に残された作品から、氏の足跡を振り返ります。
イベント情報
★ 開幕式・ミュージアムコンサート 「彩と玄の世界にひびく」チェロとピアノ デュオコンサート
日 時 平成29年1月14日(土曜日) 12時30分受付・開場 /13時30分開演
植野記念美術館 2階 エントランスホール・研修室
出 演 斎藤建寛(チェロ)、細見理恵(ピアノ)
参加費 無料 ※但し別途観覧料が必要
予 約 電話受付(0795-82-5945)
定 員 100名になり次第締切 (電話予約が必要)

★ 記念対談 「麗暉(れいき)の世界」-日本画家 常岡幹彦の想い-
日 時 平成29年2月5日(日曜日) 13時30分開会
植野記念美術館 2階 研修室
出 演 常岡陽平さん(作家親族)・小田晋作さん(丹波新聞社会長)
参加費 無料 ※但し別途観覧料が必要
予 約 電話受付(0795-82-5945)
定 員 100名 (電話予約が必要)

★ ミュージアムシアター(映画会)
日 時 平成29年2月26日(日曜日) 12時30分受付・開場/13時30分開演
会 場 植野記念美術館 2階 研修室
上映作品 「天心」 ―近代日本美術史学の開拓者「岡倉天心」の生涯―
参加費 無料 ※但し別途展覧会の観覧料が必要
予 約 電話受付(0795-82-5945)
定 員 100名になり次第締切 (電話予約が必要)
ホームページ
https://www.city.tamba.hyogo.jp/site/bijyutukan/tsuneokamikihiko.html
会場住所
〒669-3603
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
交通案内
◆JRをご利用の場合
● 福知山線 「柏原」駅、または「石生」駅下車 (大阪から約80分)
● 駅前より 神姫グリーンバス「佐治」行き
乗車約20分 「美術館前」で下車すぐ
(運行本数が限られていますのでバスの時刻表をご確認ください。)
● 柏原駅、石生駅よりタクシーの便もあります。

◆高速乗合バスをご利用の場合
● 全但高速乗合バス
「城崎・豊岡」⇔「神戸」
「浜坂・湯村」⇔「神戸」
「城崎・豊岡」⇔「大阪」
「浜坂・湯村」⇔「大阪」
大阪・神戸から約80分。いずれも「氷上」停留所下車、徒歩約5分
1か月前より予約ができます。
● 阪急観光バス
湯村温泉線「氷上」下車、徒歩約5分

◆自動車をご利用の場合
● 舞鶴若狭自動車道 春日IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 播但連絡道路 和田山IC分岐を北近畿豊岡自動車道へ、
氷上IC出口を左折、青垣・朝来方面へ、氷上交差点を左折。
氷上ICからは約5分。
● 中国自動車道・滝野社ICより国道175号を北へ約40分。
稲継交差点を左折、青垣・和田山方面へ、氷上交差点を左折。
稲継交差点から約10分。
ホームページ
http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索