タイトル等
山本富章展
創造の原点から色斑(ドット)空間へ
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2016-10-15~2016-12-04
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後6時
入場は午後5時30分まで
蔵ギャラリー 午前10時-午後4時
観覧料
一般600(480円) 高大生400(320円) 小中学生200(160円)
( )内は20名以上の団体料金
未就学児童、市内在住・在学の小中学生・高校生、市内在住の65歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料。受付にて証明証をご提示ください。
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館・碧南市・碧南市教育委員会
協賛・協力等
共催:中日新聞社・CBCテレビ
協力:アキライケダギャラリー・磯貝製作所・名古屋鉄道
概要
山本富章(1949-)は蒲郡市に生まれ、愛知県立芸術大学在学中より個展やグループ展において作品を発表し、作家としての頭角を現しました。1980年代後半にはアメリカや北欧などで開催された国際的な展覧会にも出品し、国内外の衆目を集め作家としての地歩を確かなものとしていきました。70年代半ばからは表面に凹凸のある独自のレリーフ絵画や、80年代後半では通常の絵画の領域を超えた巨大な建造物のような作品、さらに、色斑【ドット】と呼ばれる斑点状の絵具を画面上に強く対比・拡散させる独自性を持った異空間を創出させる作品を発表します。これらの作品は、モダニズム絵画が平面性(二次元性)を志向するなか、その過程でのイリュージョンの在り方をも含めた空間(三次元性)を問い直すものであり、新たな絵画の方向性の誕生を示唆するものとして高く評価されました。本展覧会では、本県在住で国内外において注目されるアーティスト・山本富章の創作活動に注目いたします。そのルーツとなる初期の作品からドット表現による作品の誕生、そして今日に至る表現活動の展開をぜひご覧ください。なお、本展では美術館での展示に加え、別会場「蔵ギャラリー」(美術館より徒歩5分)においても展示を行います。
イベント情報
●記念講演会
演題:「山本富章と時代の美術」
講師:難波英夫氏(セゾン現代美術館 館長)
日時:10月22日(土)14:00-15:30
場所:1階多目的室
定員:60名
聴講料:無料

●ワークショップ
「どどっとドット!!!」
山本富章氏と一緒にスプーンでドットを描きましょう。
日時:11月6日(日)13:00-16:00
場所:地下1階創作室
対象:小学生以上
定員:12名
参加費:500円(材料費を含みます)
持ち物:作品にくっつけたいもの(端切れや枝など)
汚れてもよい服装でお越しください。

■アーティストトーク
講師:山本富章氏(アーティスト)
日時:11月3日(木・祝)・20日(日)いずれも14:00-15:00
場所:展示室内及び蔵ギャラリー

■ギャラリートーク
(担当学芸員による展示説明会)
11月12日・26日(土)14:00より30分程度

●記念講演会・ワークショップの申込み
9月21日(水)10:00より受付を始め、定員になり次第締め切ります。電話にて①氏名②住所③電話番号④参加人数をお知らせください。
申込みにあたりお知らせいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。
■アーティストトーク、ギャラリートークいずれも事前申込みは必要ありません。観覧券をお持ちの上、1階ロビーにお集まりください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/tomiaki.html
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索