タイトル等
レオナール・フジタとモデルたち
分かるでしょう、フジタ、私たちはたりとも天才です。
この絵もいずれルーブルに飾られるでしょう。
会場
DIC川村記念美術館
会期
2016-09-17~2017-01-15
休催日
月曜(9/19、10/10、1/9は開館)、9/20、10/11、12/25~1/2、1/10
開催時間
9:30~17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
一般 1,300円(1,100円)、学生・65歳以上 1,100円(900円)、小中高 600円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金

ふたつのフジタ展 相互割引
府中市美術館の「生誕130年記念 藤田嗣治展 東と西を結ぶ絵画」(10/1~12/11)と本展それぞれのチケット半券を互いの館でご提示いただくと、団体割引料金が適用されます。

れきはく相互割引
国立歴史民族博物館の企画展示「身体をめぐる商品史」(10/18~12/18)と本展それぞれのチケット半券を互いの館でご提示いただくと、団体割引料金が適用されます。
主催者
DIC株式会社
協賛・協力等
特別協力:ミュゼ・メゾン=アトリエ・フジタ、エソンヌ県議会
企画協力:株式会社キュレイターズ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 千葉県 千葉県教育委員会 佐倉市 佐倉市教育委員会
協賛:日本貨物航空 日本航空
概要
日本からフランスに渡り、「乳白色の下地」と呼ばれる独自の画面によって、両大戦間のパリで一躍時代の寵児となったレオナール・フジタ(藤田嗣治 1886-1968年)は、ヨーロッパ近代の美術の歴史において最も成功した日本人芸術家といえるでしょう。フジタは多様な主題・ジャンルでその才能を発揮しましたが、彼の画業の中心を占めるのが人物を描いた絵画であることに疑問の余地はありません。他の芸術家の場合と同じように、フジタは職業モデルを雇ってポーズの研究を行い、社交界の名士や裕福なブルジョワから注文を受けて肖像画を制作したほか、時には家族や親しい友人を画面に登場させることもありました。描かれた「モデルたち」を、そのプロフィールや制作の経緯、関連する出来事とともに振りかえるとき、そこにはフジタを取り巻く人的環境と、人物という主題を通して取り組んだ造形的問題というふたつの背景が浮かび上がります。
本展は、初期から晩年までの約90点の作品を、描かれたモデルに関連する書簡や写真などの資料を交えて紹介することによって、フジタの思考とモデルに注ぐまなざしを再検討するものです。またフランス、エソンヌ県の特別協力により、フジタがモデル研究の集大成として群像表現に挑んだ4点の壁画を展示いたします。
イベント情報
講演会
10月15日(土)13:30~15:00
原田久美子 (公益財団法人平野政吉美術財団 学芸員)
「藤田嗣治と秋田―マドレーヌ鎮魂の美術館をめぐって―」

11月26日(土)13:30~15:00
佐藤幸宏 (美術史家、本展監修者)
「フジタと裸婦―乳白色のヌードから群像表現へ」

いずれも予約不要|定員50名|
レクチャールームにて開催(13:00開場)|入館料のみ

担当学芸員によるギャラリートーク
9月17日(土)、11月12日(土)、12月10日(土)
予約不要|14:00エントランスホール集合|定員60名|入館料のみ

ガイドスタッフによる定時ツアー
講演会・ギャラリートーク開催日を除く毎日
予約不要|14:00エントランスホール集合|定員60名|入館料のみ

ワークショップ「休み時間」
休みA[灯りの消えた美術館で]11月21日(月・休館日)
休みB[いつもの美術館で]12月10日(土)
泉イネ(美術家/絵描き)、神村恵(振付家/ダンサー)、眞島竜男(アーティスト)
詳細・参加方法は、当館ホームページで告知します(9月中旬予定)
http://kawamura-museum.dic.co.jp
ホームページ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html
会場住所
〒285-8505
千葉県佐倉市坂戸631
交通案内
車でお越しの場合

東京・箱崎JCTより約50分
成田ICより約30分

東関東自動車道「佐倉IC」国道51号を千葉方面へ進み「坂戸」交差点を左折、県道22号線(八街横芝線)を八街方面へ約700m直進右手<約10分>。
無料駐車場300台。


電車+送迎バスでお越しの場合

東京駅から
JR総武快速線エアポート成田で「佐倉駅」下車 <約60分>
南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バス <約20分>
(佐倉駅からタクシー利用の場合は約3000円かかります)

京成上野駅から
京成本線特急または快特の成田方面行きで「京成佐倉駅」下車 <約60分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成佐倉駅からタクシー利用の場合は約3500円かかります)

成田空港駅から
京成本線特急または快特で「京成佐倉駅」下車 <約30分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成スカイライナー、JR成田エクスプレスは佐倉駅に止まりませんのでご注意ください)


東京駅発着の高速バス

東京駅八重洲北口から徒歩5分、京成バス3番のりばから
「マイタウン・ダイレクトバス」に乗車 <約60分>
ホームページ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/
千葉県佐倉市坂戸631
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索