タイトル等
開園25周年記念名品でたどる25年
帯広美術館物語
会場
北海道立帯広美術館
主展示室
会期
2016-09-01~2016-10-13
休催日
月曜日[ただし9月19日(月)、10月10日(月)は開館]
9月20日(火)、10月11日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(展示室入場は午後4時30分まで)
観覧料
・一般510(410)円、高大生300(250)円、小中生無料
※ ( )内は10名以上の団体、前売、リピーター割引料金
※ 中学生以下、65歳以上の方、高校の教育活動としての参加、
障害者手帳をお持ちの方などは無料
9月22日(木、祝)は開館記念日のためすべての方に無料でご覧いただけます。
25周年のお祝いに、ぜひご来館ください。
主催者
北海道立帯広美術館、帯広美術館振興会、帯広美術館ボランティア「しらかばの会」
協賛・協力等
特別協賛/帯広大谷短期大学 協賛/北海道クリーン・システム(株)、FLOWMOTION cafe and gallery
概要
道立では5館目の美術館として1991(平成3)年9月22日に開館した北海道立帯広美術館は、今年9月で開館25周年を迎えます。これまで当館は、展覧会や教育普及活動を通じて国内外の優れた美術、美術作品を紹介し、人々が美術に触れる機会の創出に努めてきました。あわせて「道東の美術」、「プリントアート」、「西洋の美術」の3つの柱のもと、美術館活動の核となる特色ゆたかなコレクションづくりを行い、2016(平成28)年3月末現在785点の美術作品を所蔵し、保存管理と展示公開に取り組んでいます。これら当館の活動の原点のひとつには、地元の多くの方々の熱い思いがあったことを忘れることはできないでしょう。本展では、こうした当館の四半世紀にわたる歩みをコレクションの名品、そしてこれまでの展覧会ポスターとともに振り返ります。本展がこれからの美術館と地域との関わりを展望する機会となれば幸いです。
イベント情報
帯広美術館振興会協力事業
スペシャル・ギャラリートーク
【事前申込制】
松井由孝氏
(前帯広百年記念館館長)
①10月2日(日) 午後2時~3時
街に美術館がやって来た!
~帯広美術館の誘致活動から現在まで~

②10月9日(日) 午後2時~3時
美術がひらく地域の営み
~十勝と美術・美術館~
会場/当館主展示室(各日定員30名、聴講無料)
お申込/9月6日(火)午前10時以降、当館までお電話(0155-22-6963)でお申し込みください。
定員になり次第、締め切らせていただきます。

関連事業
●アニバーサリー・ウィーク
開館記念日をはさむ8日間、館内各所をめぐるポイントラリーを行います。
5ポイント集めた方に素敵なプレゼント!
日時/9月17日(土)~25日(日)(9月20日(火)は休館)
午前9時30分~午後4時30分

●特別展セミナー
「地域と人と美術館ー丘の上の感動美術館をめざして」
日時/9月10日(土)、10月8日(土) 午後2時~3時
会場/当館講堂(聴講無料)
講師/藤原乃里子(当館主任学芸員)

●キッズ・ミュージアム「描いてつないで絵ほんづくり」
日時/9月17日(土) 午後1時30分~3時30分(受付は3時まで)
会場/当館講堂(託児無料)

●キッズ・ツアー
日時/10月1日(土) 午後2時~(約30分間)
会場/当館主展示室(中学生以下無料、要観覧券)
会場住所
〒080-0846
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
交通案内
バス / 拓殖バス (帯広駅バスターミナル②番より):
【25 帯広の森線】【21~24 南商業高校線】乗車16分で「緑ヶ丘6丁目・美術館入口」下車 徒歩4分 (平日=毎時2便、土日祝日=毎時1便)

タクシー / JR帯広駅より約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/obj/
北海道帯広市緑ケ丘2 緑ヶ丘公園
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索