タイトル等
平成28年度古川美術館新春企画展
名山巡礼
会場
古川美術館
会期
2017-01-02~2017-03-05
《全54日間》
※1月2日~9日は休まず開館
休催日
月曜日※但し1月9日(月・祝)は開館、翌10日(火)振替休館
開催時間
午前10時~午後5時
(最終入館は午後4時半)
観覧料
大人1,000円 / 高・大学生500円 / 小・中学生300円
※古川美術館、分館爲三郎記念館 共通券となります。

■土曜日は小・中学生 入館料無料
チケットぴあ前売販売 ◎販売期間:10月29日(土)~3月5日(日) ◎Pコード:767-955
主催者
公益財団法人古川知足会
協賛・協力等
後援 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会 スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
概要
山に魅せられ、山を描く。
島国の日本は急峻な山脈が縦断し、国土の7割が山で占められています。そのため、日本人にとって山は常に生活の中にあって信仰の源となり、様々な文学や芸術を生み出す言動力となりました。また、山は人間の力をはるかに凌駕する存在として、人々に雄大な自然の力、自然の象徴として畏敬の念も抱かせてきたのです。そうした山を、古今の画家たちは、己と向き合い、山と対峙しながら様々に描き続けてきました。
本展では、古川美術館所蔵品の中から山をテーマとした作品を展示します。不老長寿の憧れとして生み出した架空の蓬莱山から、霊峰としての富士、自然の恵みの美しさや自然の偉大な力を映し出したもの、また近代以降に現れる写実的な表現など、様々な山を紹介します。
山に育まれた感性や、画家が抱いた想いとともに、描かれた名山を巡る旅にご案内します。
イベント情報
担当学芸員による ギャラリートーク
展示に沿って学芸員が作品解説をします。
日時|1月2日(月・振休)
1月29日(日)
2月25日(土)
各日14:00~
参加費|無料(別途入館券必要)
会場|古川美術館、爲三郎記念館

美術講座 「山と画家」 要予約
日本の古今の名作から「山」をテーマに描かれた作品を紹介します。画家が山と向き合い描き出した境地を探ります。
日時|2月16日(木)13:30~15:00
参加費|無料(別途入館券必要)
会場|古川美術館3階会議室

バレンタイン企画 ランチorスイーツ付ワークショップ
「スイーツ・デコレーションでバラ作り!!」 要予約
スイーツコンテストで日本一に輝いたカルチェ・ラタンのパテイシエ指導の下、マジパンでバラを作りませんか?バラ作りの後は、アート倶楽部カルチェ・ラタンにてランチ、もしくはスイーツでおくつろぎください。
日時|2月10日(金) ランチ会の部 10:00~12:30
ティー会の部 14:00~16:00
講師|アート倶楽部カルチェ・ラタン パティシエ・本村俊輔 ※2009ジャパンケーキ賞東京のマジパン部門で一位を獲得
定員|各回16名(先着順)
参加費|ランチ会4,300円(ランチ代、材料費込み、別途入館券必要)
ティー会2,800円(お茶代、スイーツ代、材料費込み、別途入館券必要)
会場|古川美術館3階会議室 及び アート倶楽部カルチェ・ラタン

ワークショップ
「土雛の絵付けに挑戦しよう!!」 要予約
「おぼこ雛」と呼ばれる土雛(三河土人形)の絵付けをします。
日時|2月19日(日) 午前の部 10:00~12:30 午後の部 14:00~16:30
講師|高山 君子、高山 奈々代(三河人形工)
定員|各回16名(先着順)
参加費|1,800円(別途入館券必要)
会場|古川美術館3階会議室
会場住所
〒464-0066
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
交通案内
【電車】
地下鉄東山線 池下駅1番出口より東へ徒歩3分
地下鉄東山線 覚王山駅1番出口より西へ徒歩5分

【市バス】
池下下車
(金山より)金山11系統/(大森車庫より)幹砂田1系統/(猪高車庫より)池下11系統/(猪子石団地より)茶屋12系統
ホームページ
http://www.furukawa-museum.or.jp/
会場問合せ先
052-763-1991
愛知県名古屋市千種区池下町2-50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索