タイトル等
描かれた女たち
女性像にみるフォルム/現実/夢
会場
八王子市夢美術館
会期
2016-10-01~2016-11-27
休催日
月曜日(ただし10月10日[月・祝]は開館し10月11日[火]が休館)
開催時間
午前10時~午後7時
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般700(560)円、学生[小学生以上]・65歳以上350(280)円、未就学児無料、土曜日は中学生以下無料
※( )内は15名以上の団体料金
主催者
公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団
協賛・協力等
協力=公益財団法人日動日動美術財団
概要
日本の絵画にあらわれる人体像は明治以降、大きく変貌しました。西洋美術と出会い、科学的に対象をとらえる見方と、陰影法など立体感を表す描法を学んだこと、また、理想的身体像であるヌードやその意味を学び、さらには絵画とは何かという西洋近代的な概念を受け入れたことなどがその理由にあげられます。女性を描いた絵画において、そうした人体像の変化は如実に見て取ることができます。江戸時代まで日本は中国大陸から多くを学び、古くは仏画、中世以降は山水(風景)を高尚な主題としましたが、西洋絵画を知り、「描かれる対象」としての女性が日本の近代絵画のテーマ、モチーフとして大きな比重を占めることになったからです。
この展覧会では明治から現代にいたる油彩画を中心に、絵画に描かれた様々な女性像を通して、近代絵画の変遷をたどります。
イベント情報
ギャラリートーク(申込不要)
実際の展示作品をご覧いただきながら作品を解説します。
第1回
講師/山梨絵美子氏(東京文化財研究所)
日時/10月23日(日) 午後11時より約1時間

第2回
講師/当館学芸員
日時/11月12日(土) 午後11時より約30分

第3回
講師/当館学芸員
日時/11月20日(日) 午後11時より約30分

各回とも
会場/八王子市夢美術館展示室
費用/無料(ただし観覧料が必要です)
定員/ なし(座席はございません)
会場住所
〒192-0071
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
交通案内
●JR線「JR八王子駅」下車北口より 徒歩15分。京王線「京王八王子駅」下車 徒歩18分。

●駅よりバスでご来館のお客様は、バス停「八日町一丁目」で下車してください。
高尾・陣馬方面より バスでご来館のお客様は、バス停「八日町四丁目」で下車してください。
※JR八王子駅北口からは 「6~10」番乗り場、京王八王子駅からは「2、3」番乗り場をご利用ください。ただし、急行バスは止まりません。

●車でご来館のお客様は地下駐車場「八日町夢街道パーキング(有料・割引有り)」が最寄りです。
ホームページ
http://www.yumebi.com
東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索