タイトル等
企画展
「川瀬巴水―雪と雨」展
会場
公益財団法人 茂木本家美術館
会期
2016-10-19~2016-12-04
概要
川瀬巴水は1883(明治16)年東京に生まれ、子供のころから絵が好きで、絵を習ったり、錦絵のを写したりしていました。家業を継がねばならず、絵の道に進む希望がかなったのは20代後半でした。白馬会で洋画なども学んだあと、1905(明治41)年、27歳で日本画家鏑木清方に弟子入りします。
風景木版画との出会いは1916(大正5)年、版元渡邊庄三郎の依頼での制作がきっかけでした。当時渡邊は浮世絵の技術を生かした新しい版画、新版画の制作に力を注いでいました。以後巴水は日本中の風景を写生し、版画にしました。旅情あふれる巴水の風景版画は、日本にとどまらず、海外にも多くの愛好家を獲得しました。
「川瀬巴水―雪と雨」展では白い雪と雨に煙る景色を中心に展示いたします。巴水の描きだす、日本の旅情をお楽しみください。
会場住所
〒278-0037
千葉県野田市野田242
交通案内
■ 東武野田線野田市駅より徒歩8分
■ 常磐自動車道流山I.C.を出て、野田結城方面(旧松戸野田有料道路)に進み約8.5km中野台交差点を右折、下町交差点(左側はコナカ)の次の信号を左折正面
ホームページ
http://www.momoa.jp/index.html
会場問合せ先
ご予約専用電話 04-7120-1489
千葉県野田市野田242
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索