タイトル等
インド・マトゥラー彫刻展
日本・インド国交樹立50周年記念
会場
東京国立博物館
会期
2002-10-29~2002-12-15
休催日
月曜日(11/4は開館し翌日休館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 1300(1100/950)円
高大生 900(800/500)円
小中生 400(300/200)円
※( )内は前売り/20名以上の団体料金
※障害者とその介護者1名は無料
※同時開催展・平常展も観覧可能
主催者
東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション
概要
2002年は、日本とインドの国交樹立50周年にあたります。これを記念して、古代インド彫刻の名品展を企画いたしました。古代インドの宗教美術は、仏教やジャイナ教のもののほかに、インドの土壌の中で育まれた民間信仰の神々を造形化したものなど実に多様です。わたしたちにも馴染みの深い仏教美術は、その初期においては仏像の姿を表現せず、聖樹や傘、足跡などによってその存在を示していました。しかし1世頃にパキスタンのガンダーラとならんでインドのマトゥラーで仏像が作られるようになり、インドの仏教美術は大きな転換期を迎えました。マトゥラーの初期仏像は、大きく見開いた目、張りのある顔の表情、がっちりとした体つきなど、民間信仰のヤクシャ像の影響を受けた造詣に大きな特徴があります。
本展では、仏像の作られ始めたクシャーン朝(1~3世紀)のマトゥラーの作品を中心に、それを前後する時期の代表的な作品を選りすぐり、インド彫刻のエネルギーに溢れた造形をご覧いただきます。
ホームページ
http://www.tnm.jp/
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
交通案内
■公共交通機関でお越しの方

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。

(!) 展示をご覧になる方は正門からご入館ください。


■お車でお越しの方

首都高速道路 上野線 上野出口 5分

(!) 東京国立博物館には駐車場はありません。

車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp
会場問合せ先
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都台東区上野公園13-9
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索