タイトル等
鉄道美術館
会場
川崎市岡本太郎美術館
会期
2016-07-16~2016-10-10
休催日
月曜日 (7月18日、9月19日、10月10日を除く)
祝日の翌日
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は4時半まで
観覧料
一般 1000(800)円
高・大学生・65歳以上 800(640)円
中学生以下無料
※( ) 20名以上の団体料金
主催者
川崎市岡本太郎美術館
協賛・協力等
[協力] 鉄道博物館 東京都現代美術館 川崎・砂子の里資料館 株式会社ミヅマアートギャラリー 株式会社シンフォレスト 株式会社音楽館 小田急電鉄株式会社 東京急行電鉄株式会社 東日本旅客鉄道株式会社 岡部憲明アーキテクトネットワーク ロールズ 関急車輛 川崎工科高等学校 株式会社リリカル
[助成] 芸術文化振興基金
概要
岡本太郎は、山陽新幹線開通の岡山駅に壁画《躍進》をつくり、国鉄が民営化された記念として公式メダル《出発》をデザインして新しい時代に挑む鉄道の門出を祝いました。荒野を切り開き、自然に抗いながら鉄路を開拓した時代から、人と文化の交流を通して様々なドラマを生んできた鉄道は、人間文化の誇らかな象徴です。
本展は、機能から生まれる車両造形、街を繋いで広がる鉄道路線、鉄道が織りなす街や自然の風景など、人々を魅了し続ける鉄道を美術の眼を通して味わう試みです。
会場には、鉄道のテイストを作品に取りいれながら遊びの空間を創造する現代アーティストのパラモデル、市川平、原倫太郎、角文平、栗山貴嗣と岡本太郎のコラボレーションによる巨大ジオラマを展示します。また、鉄道絵画として、歌川広重の浮世絵から長谷川利行、中村宏、福島尚、山口晃など時代を超えて描かれた鉄道の姿を、また、資料・映像として、今は懐かしい鉄道ポスター、時刻表、鉄道車両模型、トレインマークを展示します。その中でも、日本全国を駆け巡る列車の勇姿を映し出す佐々倉実の映像は鉄道ファンには見逃せない見所の一つです。更に夏休みに開催する展覧会として、ミニSL乗車体験やワークショップなど遊びを通じて鉄道を楽しむイベントを開催します。多くの人々と鉄道の魅力を共有し、子どもも大人も一緒になって楽しんでいただける本展を、是非ご覧下さい。
イベント情報
「音楽と鉄道がいっぱい」 向谷実 講演会
7月18日(月・祝) 14:00~15:00
講師:向谷実 (ミュージシャン、音楽プロデューサー)
場所:鉄道美術館展会場イベントホール
料金:展覧会観覧料のみ

パラモデル公開制作
7月16日(土)~7月24日(金) 10:00~17:00

鉄道模型操作体験会 無料
7月24日(日) 10:00~17:00
内容:自分のお気に入りのNゲージ車両模型を選び操作体験します。
講師:関急車輛 (鉄道模型同好会)
場所:岡本太郎美術館ギャラリー

第6回キッズTARO展 きっず・てつどうびじゅつかん 無料
7月30日(土) 受付9:30 10:00~13:00
申込:参加希望の方は電話での申し込みが必要です。
(受付 6月28日(火) 10:00~)
内容:生田緑地にある蒸気機関車D51とブルートレインをみんなでスケッチします。出来上がった作品は美術館ギャラリーで展示します。
持物:描画材料、用具は各自持参。画用紙、画板は美術館で準備します。
対象:中学生以下 (親子参加も可)
作品展示期間:8月6日(土)~8月26日(金)

ミニ南武線乗車体験 無料
8月20日(土) 21日(日) 11:00~16:00
内容:ミニ南武線に乗って館内を走るイベントです。
出展:神奈川県立川崎工科高校
場所:岡本太郎美術館ギャラリー

ミニSL乗車体験
9月25日(日) 10:00~17:00
内容:石炭で走るミニSLがお客さんをのせて会場を走ります。
講師:佐藤正純
場所:岡本太郎美術館・母の塔前広場
料金:1人 100円

「鉄道デザインとヒューマニティ」 岡部憲明 講演会
10月2日(日) 14:00~15:00
内容:小田急線ロマンスカーをデザインした建築家・岡部憲明さんの講演会です。
講師:岡部憲明 (建築家・小田急ロマンスカーデザイン)
場所:鉄道美術館展会場イベントホール
料金:展覧会観覧料のみ

※イベントに関する詳しい情報はホームページでご覧ください。
展示替え情報
(一部展示替えあり)
ホームページ
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html
会場住所
〒214-0032
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
交通案内
小田急線 向ヶ丘遊園駅から
岡本太郎美術館の最寄り駅は「小田急線 向ヶ丘遊園駅」です。
向ヶ丘遊園駅 は、新宿から、小田原・湘南方面への急行で約20分、普通電車で約40分です。
多摩急行、快速急行は向ヶ丘遊園駅に停まりませんのでご注意ください。
【徒歩】 約17分
南口から道なりに進み、ダイエーを左手に見ながら稲生橋交差点を渡ってください。そのまま直進し、生田緑地の入口から坂道を上がり、芝生広場の右手奥が美術館です。
【タクシー】
南口タクシー乗り場から、行き先を「生田緑地東口」ないしは「日本民家園まで」とご指定ください。生田緑地の入口まで4分程度、そこから徒歩で約5分です。
【バス】
南口ターミナルから川崎市バス「溝口駅南口行」(5番のりば・溝19系統)乗車、「生田緑地入口」で下車(約3分)、バス停より徒歩約8分です。
※1時間に1~2本の運行です。
北口ターミナルから小田急バス「専修大学行」乗車、終点「専修大学前」で下車(約10分)、バス停より生田緑地西口園路(通行可能時間 8:00~17:30)を通って徒歩約6分です。


JR南武線・小田急線 登戸駅から
徒歩では約30分かかりますので、小田急線に乗り換えて向ヶ丘遊園駅をご利用ください。
【タクシー】
タクシーをご利用の場合は、向ヶ丘遊園駅からとほぼ同料金です。ご利用の際は、行き先を「生田緑地東口」ないしは「日本民家園まで」とご指定ください。
【バス】
川崎市バス(藤子・F・不二雄ミュージアム経由)「生田緑地」行きに乗車、終点「生田緑地」下車(約16分)、バス停より徒歩約5分です。
※10時~16時台は1時間に1本程度の運行、藤子・F・不二雄ミュージアム休館日は運休です。


JR南武線 武蔵溝ノ口駅・東急田園都市線 溝の口駅から
川崎市バス「向丘遊園駅南口行」(2番のりば・溝19系統)に乗車し、「生田緑地入口」で下車(約20分)、バス停より徒歩約8分です。
※1時間に1~2本の運行です。


東急田園都市線 梶が谷駅から
東急バス「向ヶ丘遊園駅南口行」(1番のりば・向01系統)に乗車し、「飯室」バス停で下車(約17分)、バス停より徒歩約10分です。
※1時間に2~3本の運行です。


東急田園都市線・横浜市営地下鉄 あざみ野駅から
小田急バス「向ヶ丘遊園駅北口行」(1番のりば・向11系統)に乗車し、「専修大学入口・川崎ゴルフ場入口」バス停で下車(約10分)、進行方向右手の坂道を上がり、生田緑地西口園路(通行可能時間 8:00~17:30)を通ってください。


東名 川崎インターから
普通車両の場合は、川崎インターを左折し、二つ目の信号(犬蔵交差点)を右折してください。そのまま直進し(約7分)、平三叉路を中央に進み、生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。
※カーナビをご利用の場合には、行き先を「生田緑地東口駐車場」とご入力ください。
大型車両の場合(バスなど)は、川崎インターを左折し、尻手黒川線を清水台で右折。浄水場通りを根岸陸橋で右折、世田谷町田線を多摩警察署前で右折し、府中街道の稲生橋交差点を右折して生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。詳しくは生田緑地東口ビジターセンターへ:044-933-2300


国道246号線から
国道246号線の溝ノ口交差点(立体交差)を、東京方面からは右折、町田方面からは左折し、府中街道に入って、府中方面に直進してください(約15分)。稲生橋交差点を左折し(約2分) 生田緑地の「東口駐車場」(有料)をご利用ください。
※カーナビをご利用の場合には、行き先を「生田緑地東口駐車場」とご入力ください。
ホームページ
http://www.taromuseum.jp/
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索