タイトル等
横尾忠則 森羅万象
会場
広島市現代美術館
会期
2002-11-03~2003-01-26
休催日
月曜日(祝休日の場合開館、翌日閉館)、12月29日~1月3日
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般910(730)円、大学生680(540)円、小中高生450(360)円※( )内は前売りおよび30人以上の団体料金
主催者
広島市現代美術館、中国新聞社、中国放送
概要
グラフィック・デザイナーやイラストレーター、また画家として日本を代表する横尾忠則。彼はさまざまな要素を取りこみながら独自の世界を築き上げ、常に時代をリードしてきました。グラフィックの分野にとどまらない彼の全方位的な活動は、40年にわたって注目と支持を集め続けています。今回の展覧会では、この20年彼が精力を傾けている絵画を中心に、初期の作品から最新作まで、約300点を一堂に展示します。横尾忠則の活動の全貌を紹介する、かつてない規模の回顧展です。
会期中には、横尾氏をゲストに迎えての座談会や、学芸員によるギャラリートークを開催します。
◇座談会/ゲスト:横尾忠則、難波英夫((財)セゾン現代美術館館長)/日時:12月15日(日)14:00~15:30(終了予定)/会場:あーとふろんとH-jam(広島段原サティ2階)/定員:150人(当日10:00より広島市現代美術館正面受付にて整理券配布)
◇学芸員によるギャラリートーク/日時:11月17日(日)、12月8日(日)、1月13日(月・祝)14:00~(1時間程度)※展覧会チケットをご用意のうえ、会場入口にお集まりください。
ホームページ
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/
展覧会問合せ先
電話082-264-1121
会場住所
〒732-0815
広島県広島市南区比治山公園1-1
交通案内
◎広島駅から
[路面電車] 5番「広島港」行き ▶ 「比治山下」下車、約500m

[バス]
①広島バス (26-1番系統) 「旭町」行き
②広島バス (31番系統)「県病院」行き
③広電バス (5番系統) 「大学病院」行き
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約700m

[タクシー] 約10分

◎紙屋町から
[バス] 紙屋町(県庁前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎八丁堀から
[バス] 八丁堀 (ヤマダ電機前)バス停
「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
▶ 「段原中央」下車、動く歩道 比治山スカイウォーク経由で 約550m

◎市内循環バス ひろしま めいぷる~ぷ
▶ 「現代美術館前」下車、約100m
ホームページ
http://www.hiroshima-moca.jp/
広島県広島市南区比治山公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索