タイトル等
「奥田元宋―絵画という情熱」展
卆寿記念
会場
練馬区立美術館
会期
2002-10-26~2002-12-08
休催日
月曜日(11/4は開館し翌日休館)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 500(300)円
高大生・65歳以上 300(200)円
小中生・75歳以上 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者割引あり
主催者
練馬区立美術館、日本経済新聞社
概要
現代の日本画壇を代表し、文化勲章受章者でもある奥田元宋画伯は、本年90歳を迎えましたが、いまなお精力的に制作を続けています。また、日本画を学びはじめた昭和5年(1930年)以来の画業も70年を越えました。
明治45年(1912年)広島県に生れた画伯は、同郷の洋画家南薫造にあこがれ少年期に油彩画を学びますが、上京後遠縁にあたる日本画家児玉希望に入門以降は、一時脚本家の道を模索する曲折を経験しながらも、画塾での研鑚をつづけ、昭和11年(1936年)の文展に初入選となります。人物画や静物画にも取り組んだ戦前戦中期の実験的な諸作のほとんどは残念ながら戦災で焼失しましたが、その失意をバネに故郷の山河を見つめ直した画伯が、戦後に風景表現を骨太に多彩に追求し今日に到っていることはよく知られています。自然味を重んじた明快で写実的なその作風の一方で、主観的な心象風景への傾きをみせる一群の作品は、異能の画家としての独自な絵画世界に深淵な厚みを加えています。
本展は、初期の油彩画をはじめ、幸い残った画塾での実験作や戦中の模索的な作品、そして戦後から近年までの風景作品と写生など70余点によって構成し、その優れた画業をふり返ります。
ホームページ
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/
展覧会問合せ先
電話: 03-3577-1821
会場住所
〒176-0021
東京都練馬区貫井1-36-16
交通案内
【鉄道】
西武池袋線 「中村橋」駅 徒歩3分
※改札は1か所です。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方面に130メートル先の右側です。

都心からも意外に近い!
・池袋駅から 16分 (西武池袋線 各駅停車利用)
・渋谷駅から 約30分 (東京メトロ副都心線直通 急行利用)
・有楽町駅から 約40分 (東京メトロ有楽町線直通 各駅停車利用)
・六本木駅から 約40分 (都営大江戸線利用、練馬駅で乗換)

【バス】
関東バス 「中村橋」停留所より 徒歩5分
・阿佐ヶ谷駅北口~中村橋 【阿01】系統 終点
・荻窪駅北口~中村橋 【荻06】系統 終点
・荻窪駅北口~練馬駅 【荻07】系統 「中村橋」下車
ホームページ
http://www.neribun.or.jp/museum.html
東京都練馬区貫井1-36-16
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索