タイトル等
開館50周年記念特別展
山種コレクション名品選Ⅰ
江戸絵画への視線
―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―
俵屋宗達、酒井抱一、鈴木其一、伊藤若冲、参上!
会場
山種美術館
会期
2016-07-02~2016-08-21
休催日
月曜日 (但し、7/18は開館、7/19は休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 1200円(1000円)・大高生 900円(800)円・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
[きもの・ゆかた割引] 会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
*複数の割引の併用はできません
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
概要
山種美術館は、近代・現代日本画専門の美術館として知られていますが、実は江戸時代の絵画も所蔵しています。当館のコレクションは、個性豊かな芸術家たちが登場し、新たな潮流が生み出された江戸絵画の歴史を概観することができ、小規模ながらも、重要文化財2件、重要美術品3件を含む、質の高い作品がそろっています。とりわけ、当館創立者・山﨑種二 (やまざき たねじ) が、小僧時代に酒井抱一 (さかい ほういつ) の絵を見たことをきっかけとして、のちに美術品の蒐集を行うようになったことから、琳派 (りんぱ) の作品が充実している点が特筆されます。
開館50周年記念特別展の第3弾である本展では、琳派の俵屋宗達 (たわらや そうたつ) や抱一から、浮世絵の祖とうたわれる岩佐又兵衛 (いわさ またべえ)、文人画の池大雅 (いけの たいが)、奇想の画家として名高い伊藤若冲 (いとう じゃくちゅう)、狩野派や円山四条派、復古やまと絵にいたるまで、諸派の優品の数々をご紹介します。また、50周年にちなみ、横山大観 (よこやま たいかん)、川合玉堂 (かわい ぎょくどう) ら、当館と縁の深い近代の日本画家の作品も特別に展示します。
イベント情報
・「江戸絵画への視線」展に際し、関連イベントを開催します(申込受付開始は5月頃を予定)。
詳細は当館Webサイトの展覧会情報をご覧ください。
http://www.yamatane-museum.jp/
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/edo.html
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索