タイトル等
郷(さと)さくら美術館所蔵
美しき花鳥風月
―現代日本画名品展―
会場
北海道立釧路芸術館
会期
2016-09-10~2016-11-09
休催日
毎週月曜日(9/19、10/10、11/7は開館)、9/20 (火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
観覧料
一般 800(700)円
高大生 400(300)円
小中生 100(50)円
( )内は、10名以上の団体、親子、リピーター料金
*親子料金=高校生以下の子とその親
*リピーター料金=今年度の当館展覧会チケット半券を提示の方
*障がい者手帳等を提示の方は無料

釧路・根室管内在住の小・中・高生は無料
(釧路芸術館ボランティアの会SOA平成28年度招待事業)
主催者
北海道立釧路芸術館、北海道新聞釧路支社
協賛・協力等
【後援】 釧路市、釧路市教育委員会、NHK釧路放送局、FMくしろ
【協賛】 道立釧路芸術館ポポ&ももの会、釧路芸術館ボランティアの会SOA
【協力】 郷さくら美術館
【監修】 中村鉄平 (郷さくら美術館 館長)
【企画協力】 アート・ベンチャー・オフィス ショウ
概要
花を愛で、鳥の声に耳を傾け、自然の風物に親しむ―。花鳥風月とは、天地自然の美しい景色をさし、またそれを味わう風雅な遊びをいいます。古来、詩歌や管弦、美術工芸などにおける主題として尊重され、四季折々の自然に心を通わせる日本的な美意識を育んできました。
平安時代のやまと絵から続く日本画の世界にも、この古典的な画題は受け継がれ、新たな感性や技法によって、現代的な花鳥風月の世界が創り出されています。
日本画の専門美術館として2006年に福山県郡山市、2012年に東京都目黒区にオープンした郷さくら美術館は、第一線で活躍する昭和生まれの画家を中心に700点を超える作品を収蔵しています。その中から、「現代の花鳥風月」をテーマに、桜をはじめとする花木画、鳥や動物たち、そして四季折々の風景など57点を選りすぐってご紹介します。
イベント情報
▶ ギャラリー・トーク
9月10日(土) 午前11時~12時
講師:林 洸次氏 (郷さくら美術館学芸員)
当館展示室 *要観覧券

▶ ギャラリー・ツアー
9月17日(土)、24日(土)、
10月1日(土)、8日(土)、15日(土)、22日(土)、29日(土)
各日 午後2時~2時30分
講師:当館学芸員
当館展示室 *要観覧券

▶ アートシネマ館
9月24日(土) 午前10時~ / 午後2時~ (2回上映)
「チップス先生さようなら」
監督:サム・ウッド / 1939年 / 114分
当館アートホール *入場無料

▶ ミュージアム・コンサート2016
11月5日(土) 午後2時~3時30分
「音楽の贈り物」
出演:アンサンブルグループ奏楽(そら)
当館アートホール *入場無料、要整理券
(整理券は、10月10日(月)より、当館受付で配布します。)

※ほかにもいろいろイベントがあります。芸術館ホームページをご覧ください。
会場住所
〒085-0017
北海道釧路市幸町4-1-5
交通案内
・JR釧路駅より 徒歩約15分 (南へ約1.2km)
・くしろバス:「十字街」「十字街7丁目」停留所下車 徒歩3~5分
・釧路空港より市内行き連絡バス 約50分→「フィッシャーマンズワーフMOO」下車 徒歩約2分
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp
北海道釧路市幸町4-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索